緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

流れに飲み込まれ為す術を…

JFL 2ndステージ  第7節 

FCマルヤス岡崎0-3SP京都FC


得点者
京都 藤本×2 高橋

港でもスマホは当然息を吹き返す事は無く。
しゃーないんでまったり観よう思ったら岡崎の美人運営と目が合って「今日も(声出し)お願いします!」と…
男たるもの美人にゃ弱いってのは洋の東西問わないもんでありまして…岐阜では何年もサッパリやってないし久しぶりにやっかなぁ…と声出し組の中に。てなわけで今日は岡崎視点でしか見てません。



結論を先に。試合中も何度も言ったんだけど京都が強いとは全く思わなかった。巧いとは思ったけどね。
終始試合の流れは向こうに握られて前半たった一回の決定機の際に相手を完全に泳がせてフリーで決められ先制を。
とにかくセカンドボールの対策、予測が全部向こうのが上。岡崎は吹田が前線の守備は頑張るが攻撃時の切り替えでどうしても後手を踏んで人数掛けたカウンターを撃てない。京都はワンチャンをモノにしたが岡崎はワンチャンすらなし。そのまま前半終わり。

京都にのらりくらり交わされてるって指摘もあったが試合運びの巧さは完全に向こうの物。前線の駒換えないと(つかレオジーニョ入れないと)手詰まり感はどうしようもないもの。おまけに地主園が前半20分で負傷退場のオマケ付き…(タンカで全く動けなかったら重傷の可能性有り)京都も省エネでやってるが必ずタレる時間は来る。そこでレオジーニョ入れて掻き回すってプランだったと思う。そのためには0-1以内で時間を過ごさないといけないけどそれは成功。65分過ぎにレオジーニョを投入したらリズムは一気に岡崎に。単騎突破で京都DFを切り裂くがその後が詰め甘くシュートまで至らず。こぼれ球にフリーになったレオジーニョがボレーで狙うも枠の上。ここで空中戦の築館か地上戦の平野かと3枚目を切るタイミングを見計らったがその前のセットプレーから致命傷の2点目を喰らってジ・エンド。直後にカウンターからトドメを刺されて結局0-3。最後にPKまで取られたがこれは失敗に終わっれ3点で済んだか…と口にしてしまう完敗。未だ最下位から抜け出せないままです。

京都の老獪さにまんまとやられましたが最下位故の焦りみたいなのも同時に感じたなぁ…どっかのJ2程絶望的に酷い試合してるわけではないんだけど…とりあえず次の天皇杯はTV中継も有る。そこでみっともない試合だけはせんでくれよ…と。この夏で新戦力との連携も高めないとならんでしょう。上手いことTMで試合勘の維持とリメイン組のモチベーション維持もしていかないと反攻もままならない。この8月の過ごし方が11月の運命を決める思います。盆休みに練習でも観に行こうかな…トヨスポや北西部より近いし。

6ポイントゲームを立て続けに落としたのは痛すぎるけどまだ何とか取り返しは効く位置にいます。繰り返すけどこの8月の過ごし方が運命を決めるからな!期待をします。

コメント
連戦での観戦お疲れ様でした。
屋根つきのスタジアム観戦が精一杯の身としては、その情熱に頭が下がる思いです。

マルヤスさんとは今回を含め4回対戦していますが、試合後半に関しては、これまでで一番際どい試合展開でした。あのマルヤスの時間帯で失点していれば、結果は逆になっていたと思います。
今年の京都はカットインに対する守備に課題があるので、レオジーニョ選手の存在は脅威でした。
もっと周囲との連携が深まれば、残留に向けて大きな力になると思います。
2015/08/03(月) 20:40 | URL | 京都サポ #X.Av9vec[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR