緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

ここからはじまるサバイバル!

20151003220448446.jpg


JFL2ndステージ第10節

FCマルヤス岡崎2-0流経大ドラゴンズ龍ヶ崎

得点者
岡崎 加藤 佐野

試合前時点での順位状況。

岡崎 勝ち点15 -29
龍ヶ崎 勝ち点14 -32

残り今日入れて6試合。1つの負けが致命傷になる状況だがこの試合は落としたら「即死」の心づもりで望め!ってつもりで発破かけてきた。2週間前のV大分戦、先週のTM磐田戦とチームは現在上がり調子で来てるのは間違いない。残り相手の厳しい岡崎は今日の重要度は龍ヶ崎のそれ以上。勝てば4差に出来る大事な試合は10年前ここで僕は必死に涙堪えた「あの奇跡」の現場口論義。口論義史上最高(少なくともこの10年でここまでいい状態はなかった)のピッチコンディションにしてくれた関係者に感謝しつつキックオフ!





※中盤ちょっと自信ない…

試合は岡崎が序盤に攻勢に出て龍ヶ崎ゴールを襲うが15分にアクシデント。ポストの築館が接触で×が。スクランブルで加藤に交代。これで攻め手を変える必要が出た岡崎は主導権を龍ヶ崎に渡してセットプレーからピンチを招くが木下、福ヶ迫、熊澤のセンターラインが大崩れせず耐える。この日は両SBのオーバーラップも果敢に行われサイドの攻撃から岡崎はリズムを戻して前半半ば過ぎに縦パスを胸で落とした加藤がそのままボレーで蹴りこんで岡崎先制。伏兵加藤の値千金の一撃でリードを奪って折り返し。

後半早々龍ヶ崎は総掛かりとばかりに攻め込んで岡崎を襲う。しかし岡崎守備陣は球際で負けず粘り強く守るが前半飛ばしたツケか明らかに後半は動きが鈍い。ずっと龍ヶ崎のペースで試合は進んだが失点は許さず時間は過ぎて、岡崎はレオジーニョを投入。これが疲れた龍ヶ崎相手に効果は絶大で空いたスペースに放り込めばレオジーニョがどうにかしてくれて前で時間を作れるように。ついにサイドチェンジからレオジーニョを起点に作られたチャンスでこぼれ球に反応したのはボランチの佐野。どフリーで撃たれた弾丸は西岡全く動けず文字通りネットに突き刺さって岡崎の勝利を決定づける追加点。このまま試合は終わって岡崎は龍ヶ崎を勝ち点でも突き放して今日敗れた岡山ネクスも交わして降格圏を脱出しました。

ただ失点こそ許さなかったけど与えたセットプレーの数がFKCK合わせて28。多すぎる。ここからの残り5つはこれだけ与えたら1本2本は絶対モノにしてくる。今日の課題はこれだけだったかな…観客数はいつもよりも少なかったけど口論義開催ってことで狭い範囲に応援の人が集まってくれてある程度効果はあったのかなとも思います。あとあと5試合。この差はまだ安全圏ではない。残り5試合=上位5つと道は厳しいけど残留は必ず出来ると信じて今年残り1つのホーム戦も向かおう思ってます。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR