緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

やれるだけのベストを尽くした結果

東海社会人2部リーグ 第14節

トヨタ蹴球団vs名古屋クラブ


得点者
蹴球団 奥村(FK直接) 増田

3位で伊勢志摩を追いかける蹴球団。逆転昇格にはヴィアティン勝ち、尚且つ伊勢志摩との現在の得失点差7を捲る必要ありとハードルの高さは結構なもの。しかしあの口論義の奇跡の生き証人として可能性のある限りはベストを尽くせとしか言えない。
今日はハッキリ蹴球団推しの立場で観戦。



DSCF1804.jpg



DSCF1805.jpg

予想通り点を取るしか道のない蹴球団が前から押し込んで試合を優勢に運ぶが去年は共に一部だった名古屋クも三宅と木許のCB2名が身体張りまくって蹴球団の突破を阻止。しかしこの日は奥村がキレにキレてて名古屋クDFを翻弄。そして奪ったゴール前PKギリギリの位置でのFK。壁に当たったようにも見えたがそのままゴールに吸い込まれ蹴球団先制。そしてその舌の根も乾かぬ内に増田のミドルが火を噴いて瞬殺で蹴球団は追加点。これで蹴球団は大量点モードに入るかと思いきやここから名古屋クのGK阿井が好セーブを連発。3点目が取れそうで取れない流れのまま前半終了。

明確な「今」の目標のある蹴球団と朧気な「来季への」目標しか見えない名古屋ク。申し訳ないが勝敗は前半でほぼ決した感があった。後はキレずに戦えるか。蹴球団が名古屋クの壁を完全に壊せるかだけが焦点に。前半の感覚ではあと1点は取れるがそれ以上となるとなぁ…って感じだった。

ところが蹴球団は後半に入ってペースダウン。やはり前半頑張りすぎてたか。怪我押して強行出場の片山もいつものキレを欠いて攻撃はせれど阿井の好セーブが後半も続いて試合は完全に硬直化。結局追加点は奪えぬまま時間切れ。蹴球団は2点止まりで終わってしまい伊勢志摩のノルマは「4点差負けまでOK」とヴィアティン相手とは言えかなり楽な設定に。結局伊勢志摩はヴィアティン相手に相手の退場にも助けられドローとなったので勝ち点でも負け。蹴球団は無念の3位となり1部復帰はなりませんでした。

キツい言い方にはなるけど、蹴球団は結局ヴィアティンに2敗。伊勢志摩にも勝てず。絶対やってはいけない取りこぼしも肝心なところで春日井相手に地雷を踏んでこれが致命傷に。どっかしらなんかしら1部に戻るには足らなかったのかなぁ…と。来季は三重の2つレベルのチームは2部には居ないはず。しっかりとこのオフで準備をしてまた来季出直しです。

名古屋クは過渡期なのかもしれないです。スーパースター2名を擁して1部に上がったもそれだけでは1部では戦いきれずに1年でお帰りとなって今年を戦いましたがどう考えてもどの角度で見ても1部相当とは言えず。ヴィアティンに唯一の黒星を着けたけど蹴球団以上に取りこぼしが多すぎました。そして春先は審判相手に自滅するとか大人とは思えない試合も。蹴球団以上に厳しいオフを過ごさないとならないけどまだどうなるか見えてこないなぁ…

2部は残留争いも決着が着いて後は4位から6位の順位を決定づけるだけ。詳しくは明日。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR