FC2ブログ

緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

サッカーの街のプライド



GREEN-WIND

GREEN-WIND

GREEN-WIND


東海社会人1部リーグ 第7節


FC刈谷2-1藤枝MYFC


得点者

刈谷 熊田 OG

藤枝 内田



世間的にはワールドカップの裏番組かそれ以下の扱いでしかないこの試合。


けどこの試合はサッカーの楽しさ、怖さが存分に詰まった素晴らしい代物だった。


この日刈谷に来ていた岐阜サポ5名は皆笑顔で帰っていった。もちろんその中に僕は入っている。


そんな試合を振り返っていこう。


まずはスタメン。


刈谷

GK河合

DF庄司 福田 小林 森山

MF熊田 酒井 篠川 日下

FW町田 大石


Sub梶川 加藤 中山 原賀 姜曉一 征矢 北川


藤枝MYFC

GK上杉

DF奈良林 斉藤 内田 和気屋

MF石井 納谷 石田 西山

FWアラン 栗田


Sub豊瀬 又川 杉 横山 尾門 先原 吉田


刈谷はGKを変えた。MYFCは鈴鹿以来だが、新戦力も入ったことでメンバーに若干変化がある。


MYFCは理由はわからんが平松康平(前清水)がいない・・・?


刈谷のボールで始まったこの試合。刈谷はマルヤス戦と変わった点は先述のGK以外にも中盤を酒井と熊田のダブルボランチに変えていた。多分にMYFCの攻撃力を

意識してのものだったのだと思う。


一方のMYFC。新戦力でのスタメンはアラン(前北九州)のみ。それでも元J3名を含む中盤の個の能力は刈谷を凌駕していた。


それでも・・・だ。試合は刈谷ペースで進んでいく。刈谷はFWを僕は初めて見るはずの大石×町田の組み合わせ。この組み合わせがいい。


縦に強い町田とボールが収まる大石。刈谷でのFWの組み合わせは大石を中心に

考えるのであれば相棒は縦に強い選手。中山もヒョイルもそうだが、今日の町田が常時このパフォーマンスなら相棒は町田でよい。


MYFCは個々の能力は刈谷の選手より間違いなく高い。特に両SHの石田と西山は1対1ではまず止めれない。そこからがツメが甘く、刈谷ゴールを脅かすシーンは少なかった。


刈谷の先制点は右からのクロスが弾かれた所にフリーでいた熊田が迷うことなく振り切ったミドルが誰かに当たったかイレギュラーしたかしてバウンドが変わって上杉の手が届かず入ったもの。これまで守備での貢献ばかりが目立った熊田の値千金の一発が決まって前半をリードで折り返す。


MYFCは東海リーグで初めてビハインドを負っての折り返し。間違いなく横山は投入するだろう。それがどのタイミング・・・?って議論は多少あったがHTで2枚替え。横山と前JSCの又川を投入してきた。


この試合の刈谷は僕が今年見た刈谷のベストパフォーマンスだった。その理由を考えながら後半を見ていたがある解答が頭に浮かんだ。


「刈谷は弱者のサッカーのほうが持ち味が出るチーム」なんだと・・・


これまでの刈谷は東海に降りたチームって扱いを他の東海のクラブから引いて守られてそれをこじ開けるのに随分難儀してきた。逆に個の能力に絶対の自信を持ち、攻撃重視にくるMYFC相手でのサッカーのほうが刈谷の持ち味は出るんだろう・・・今日の刈谷のパフォーマンスならJFLでも十分勝ち負けになる代物であった。


一方のMYFC。鈴鹿で僕が激怒した理由はサッカーの横着さ故とは書いたが、それが改善されているとは思えない出来だった。全くチームとしての体がなってない。何度でも書くが個々のタレントは東海リーグでは突出しているし、06年のFC岐阜と比べても名前も実力も遜色するだけのものがある。


けどね、06年のFC岐阜でもあんなに個に依存したサッカーはしてこなかったよ。静岡らしいチームと言えばそれまでなんだけど、あれを斉藤監督が目指しているのであれば僕は失望せざるを得ない。


一進一退の攻防が続き、あともう一歩と来た後半44分。総攻撃に出たMYFCの右からのクロスを刈谷GK河合が一旦を収めたように見えたが、こぼした所を内田に詰められよもやの同点。MYFCベンチは狂喜乱舞。刈谷は河合もDFも立ち上がれない・・・


「引き分けか・・・」の空気が試合終了直前の刈谷に漂い出したATだ。


日下がゴール前に入れたハイボールのFKがMYFCの誰かに当たり、そのボールは無情にもOG。これが同点ゴールからわずか1分後。


この時ウェーブスタジアムには声にもならない声が沸いていた!!


岐阜サポである僕や周りの岐阜サポ、見ず知らずの刈谷サポのお父さんとハイタッチを繰り返す!刈谷ベンチもお祭り騒ぎ!騒ぎが過ぎて、ベンチメンバーの加藤にイエローが提出されるくらい!w一方のMYFCベンチは意気消沈。そこからMYFCも最後の力を振り絞ったが結果は2-1で刈谷勝利。東海頂上決戦は昨年JFLの意地を見せた刈谷の勝利で終わった。


この試合の観客は270名弱だったそうだ。MYFCのサポが5名だったのでおよそ260名か。この試合で幸せを感じたのは。


あえて言うのであればこの試合を選んだ人は非国民扱いされても不思議でない。けどこの試合に来ていた270名からすればワールドカップこそ裏番組であって、この試合こそが最も大切な試合だったんだと思う。


藤枝と刈谷。静岡と愛知を代表するサッカーの街のプライドを賭けた東海決戦は刈谷の勝利で終わった。けどこの戦いはすぐ再来週に待っている。これでMYFCと刈谷の勝ち点差は2になった。つまり自力突破が可能になったってことだ。あと1試合で東海リーグも折り返しとなる。来週の試合を待って東海1部前期の総括をしたいと思うが、今日の刈谷勝利で後期に楽しみが残ったのは確かだ。もう負けはおろか引き分けも許されない鈴鹿に矢崎にマルヤス。東海の火は消えなかった。まだ他クラブにも希望の灯りは点っている。

明日は中京大学での中京大FCvs鈴鹿にします。刈谷が負けor分けなら各務原と決めていたんですが、勝って鈴鹿にも望みが残った以上は鈴鹿を選びます。お時間のある岐阜サポのみなさんは是非各務原勤労青少年に足をお運びください。きっと面白い物が見れると思いますよ。w












コメント
1 ■無題
こんばんは。
刈谷での観戦お疲れ様でした。
運や判定に救われた感は否めませんが、今は純粋に刈谷の勝利と東海リーグの灯を消さなかったことを喜びたいと思います。

「弱者のサッカー~」には同感です。今回の勝利は刈谷にとって、今後の戦い方を考えるターニングポイントになる気がします。
2010/06/20(日) 00:55 | URL | 水野 #79D/WHSg[ 編集]
2 ■Re:無題
>水野さん
とは言え、他クラブが刈谷に対して引いてくるのは間違いないし・・・
この辺りのジレンマに苦しんでるなぁ・・・ってのを強く感じます。
すぐ再来週にリマッチがあるし、ここでMYFCの全社ルートを潰せばMYFCにリーグ戦でも重圧はかかるはずです・・・(鈴鹿にもそう)
まずは浜松大に勝つことを考えて。
2010/06/20(日) 01:13 | URL | ジュニア #79D/WHSg[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR