緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

失望こそはなかったが…

プレシーズンマッチ

FC岐阜0-1ヴィッセル神戸


得点者
神戸 渡邉

想定してた最悪の内容と結果では無かった。僕が想定してた最悪は「リスク考えずにラインやSB上げて見た目攻撃的に行った挙句にショートカウンターで失点を重ねる」だったので引いて守ってのカウンターをするとは思ってなかったしそれに関しては完璧ではないにせよ出来てた気はします。

ただねぇ…今日はエヴァ1トップの4-2-3-1だったわけですが、両ウイングの田中達とレオミの位置がビックリするくらい低かった。状況によっては6-3-1みたいな状況にすらなってたぞ?ラモスは両ウイングに相当守備に対する意識を要求したと思うけどそれにしたって2人してあんなに位置を低くされたらカウンターを撃つにしたってロングカウンターしか手立てがない。加えて運動量の増加もかなりのもんだろう。そして何よりも1トップが難波ではなくエヴァに変わったとは言え、去年の序盤まるっきりダメだったレオミの左ウイングを懲りずにやるってラモスは去年何を見てたんだ?もっともそのエヴァ1トップってのもレオロシャありきのもんだとは思いましたが…多分レオロシャは左より今日のトップ下のがより活きる選手だと思います。そうなると必然的に1トップなので前と左右の選択のセッティングの正解出しに時間かかるかも…それはボランチにしてもそうなんですけどね。より正解出しに難儀しそうなのはボランチのセッティングだとは思いますが。

今年の重要な課題の1つに「脱高地」があると思ってます。去年は高地の調子イコールその日の岐阜の調子な部分があったけど年齢面や去年後半の調子落ちを見てると今年同じことやったら取り返しつかん可能性大。レオロシャ連れてきた理由の1つはそれもあるでしょう。けど依存先が高地からレオロシャに変わっただけならなんの意味も無い。そしてレオロシャは能力的には10番に相応しい思うけどプレーがホントに左オンリーだったってのが気になってます。J2のDFは絶対にその左を切る守備をするだろうけどそれを打ち破れるかはまだ未知数。そしてブラジル人にしては結構な球離れの良さだったので日本サッカーには適正あるでしょう。とにかく左の対策をされてからじゃないかな…

後はCB。今日の失点は高地のしょーもないミスからショートカウンター喰らってのもんだったけど本職のウェリントンと田代差し置いて田森を選ぶってことは現状では田森>本職2名の可能性が高い。ノガや阿部とかいざとなりゃCB出来るのもいるけどこれは気になったなぁ…そうでなくてもCBはケガやカードでの離脱リスク高いポジションだし。GKに関しては横一線でしょう。

冒頭に書いたように失望するような酷い試合ではなかったにせよ強気に出れる材料があったか言われたらNOとしか言えない。今年の現実目標も残念ですが「残留」になると思います。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR