緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

雨中の南北戦争

東海社会人1部リーグ 第7節

ヴィアティン三重0-0FC伊勢志摩


鈴鹿を間に挟んでの三重南北戦争。過去の戦績は北(ヴィアティン)の負け無し。南(伊勢志摩)は引き分けまでしかない。去年も北の1勝1分。しかしそれは前半早々の退場で試合が壊れての物故あまり参考には出来ない。南北共に今年は既に複数回見てるが僕の中ではハッキリ書いちゃうと南のが内容はいいと感じてる。それは先週も書いたし変わりはないし、今日の予想スコアも後出しになるが0-2で南だった。しかしこの日の東員は先週以上の雨に見舞われピッチコンディションは重を超えて不良。これは確実に影響出るなぁ…と思いつつ選手入場。





伊勢志摩の選手の並びに一瞬ダイヤの4-4-2?と思ったが4-4-2にしてはサイドに張りすぎな選手もいたので恐らく4-5-1か4-3-3だったんでしょう。僕は4-3-3で話します。

試合は予想に反してヴィアティンが主導権を取り和波の左から起点を作って攻めるがその前に伊勢志摩の中盤とDFでしっかりブロックが出来て左から崩せない。左がダメなら右だとばかりにサイドを変えてくるがこれは一定の効果を奏して左一辺倒の攻撃から変化を付けたヴィアティンが伊勢志摩を押し込んで来る。しかしこの日のヴィアティンはシュートがなかなか枠を捉えない。流れで攻め込めない伊勢志摩はセットプレーで活路を作ってきて森の強烈のFKは鈴木が止めるも枠は完璧に捉えていた。前半は6-4でヴィアティン優勢のままHTへ。

両軍とも流れを変えれる控えのカードを持ってる。特に強いカードは伊勢志摩が持ってる。そうでなくても伊勢志摩の中田監督は仕掛けが早い。先週同様にHTで溝田をぶち込んでくると踏んでたんだけど交代は共に無し。

考えれる理由として…

1 同点故流れを変えるリスクを恐れた

2 悪ピッチ故切れ味勝負の選手は持ち味消えるリスクもあった

3 単純にコンディションに難があった

3は可能性低いかな…1か2。あるいは1、2両方かなと。

結論をもう書いちゃうけど後半も流れはヴィアティンのまんま。ただし強いリーチが掛かるまでは至らず。伊勢志摩はショートカウンターから鉄板級のリーチが一度掛かったがこれを森が決めきれず。結果は刈谷が喜ぶだけのスコアレスドロー。

ここからは思ったことを。

どっちの監督も仕掛けをしくじった…あるいは仕掛けきれなかった試合だったと思います。特に伊勢志摩。溝田が入ってから潮目が少し伊勢志摩にも向いてたしもう少し早くてもよかったかなぁ…と。ヴィアティンも海津さんがグァク・レスンを先に投入したはよかったけど岩田に坂井と強いカードは持ってたし打開計るならもう少し早く動いて欲しかったかなぁ…後は普段強気なプレーが多い大岩根が選択の第一がパンチングだったのが多かったってのが今日のコンディションの難しさを表してたのかなぁと。今日の雨ではキャッチで滑らかしてポロリしたら致命傷になっただろうしパンチングが選択の中心だったってのは悪手ではなかったなと。ちょっと怪しいシーンもあったけど。スコアレスドローの結果自体は90分見たらそうおかしな結果でもなかったかなと。これで三重三国志は2試合消化したが2試合ともドロー。鈴鹿vs伊勢志摩が魔日程のせいでまだなのでこれも最低HかAどっちかは見ないと勝負付けは出来ないかなぁと思ってます。現状来週は三重vs鈴鹿の第2ラウンドのつもりではありますが…

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR