緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

諸刃の剣と雨の戦いの定石

東海社会人1部リーグ 第11節

FC刈谷2-1FC岐阜SECOND


得点者
刈谷 黒田×2
セカンド 古市

東員から終了後感想戦も挨拶も無しに速攻で飛び出して刈谷まで猛ダッシュ。それでも56分がやっと。写真撮ったりする余裕はなかったけど試合前に着席するくらいには間に合った刈谷vsセカンドの第2ラウンド。正直刈谷の6連勝は全くもって想定外。市役所かセカンドに取りこぼすと踏んでたからだ。刈谷からしたら南北戦争のスコアレスドローは考えれる限りの最高の結果。これで今日セカンドを下せば敵は事実上1つしか無くなる。個人的にはそれは「望んでない」流れなんだけどなぁ…





試合は順位が表すまんま。刈谷が一方的に攻め立て10分ちょいでワンツーでぶち抜いて黒田が決めて刈谷先制。正直この時点で前半1失点で済む気はゼロ。


トップの前半ほど酷くはなかったがセカンドの前半も大概なもんで30分まではワンサイドもいいとこ。30分過ぎたとこから大幅にメンバーを入れ替えた荒療治がようやく効果が出だしてトップの井上と2列目の関係が出来だしてチャンスが生まれ出す。この流れ先週の伊勢志摩vs常葉のそれに似ていて常葉は1点取れたがセカンドは取れず。

後半開始早々にセカンドがセットプレーから追いつくが刈谷の集中の切れ方はなんだったんだ?



これで潮目はセカンドに。そうなるとセカンドは寝かせていたネットを投入するが試合後に1人だけ話した岐阜サポと意見が一致したがこれが失敗。浮き球を上手くつなげていたセカンドはこれでネットへのポストに攻撃がまた偏ってしまい流れが刈谷に戻るもこの状態はほぼ一進一退。それでもややセカンドかなぁ…と思っていたら一瞬の落とし穴で決着。



これで決着。あっけないもんでした。刈谷が無傷の7連勝。そしてセカンドは5連敗…

セカンドがネットを投入したのは失敗だったと書いたが投入自体は当然だろうとは思った。勝てる流れだったんだもん。勝つためのFW投入だったに過ぎません。ただそれで雨中の戦いの基本の「グラウンダーを極力使わない」をネット投入で足下に頼りだしたのがなぁ…実はこの試合、後半同点後に刈谷はPKを得たんだけどこれを中野がしくじってます。鈴鹿サポと一緒に見てたんだけど「グラウンダーで撃てないからライナーだよね。コース慎重になりすぎないといいけど…」って言った矢先にポストにガン!実際にかなり止まってたんで慎重になりすぎてたんだと思う。どっちも浮き球で繋ぐ技量は互角だったんだけどなぁ…

刈谷はこれで次のホーム戦がなんと9月まで無し。アウェイ3つ続いて全社予選に天皇杯ブレイクも挟むとは言え長いなぁ…とはいえまさかの7連勝。どこが止めるのか。一番嫌なシナリオは「刈谷が走って三国志でつぶし合い」これしかない。そうなるかどうなるかはまだわかんない。この先の事はまた明日。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR