緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

あ~…ついにか…

正直言ってかなりギリギリなタイミングでの交代だと思う。

もっとハッキリ言えば「遅い」。違約金が無いって言うのであれば尚のことだ。個人的には開幕2戦の0-4,0-4の時点でアウトだった。3戦目の北九州に勝ったときにこんな記事を書いたが今だから言う。

「北九州にも負けて3連敗で交代のほうがダメージは小さかったはず」と。


不本意ではあるけど不安はほぼ完璧な形で的中した。守れないのは最初から織り込み済みだったがここまで攻撃も手詰まり感満載になっては…今年は録画すら見てない試合も結構あるんだけど見てる試合に限っても共通してる事があって、それは「連動性の皆無」。ずーっっとこれまで書いてきたけどとにかくスペースを作る、飛び込む、潰れるの概念が薄いor無い。待つことしかしない前線の罪も大概だ。5連敗全て1点差負け。内ゼロ負けが3つ。最後にチームの流れで取れたと自信持って言えるのは横浜戦の1点目が最後じゃないかな。あとは言っちゃ悪いが個人技か偶発だ。ラモスに限った話ではなく、結果に対して責任の第一を問われるのは監督。だからこの交代に関してセンチメンタルな気持ちになんかは絶対にならない。けど「監督の首を切った第一の責任は選手にある」。結果出してりゃ少なくとも契約だけは全うしたでしょうよ。監督はあまりに無策だったが選手はあまりにも勇気も自信もなさ過ぎた。決定打になった金沢戦は開幕2試合飛び越してのワースト級の内容でしたしね。

ラモスの「罪」については恐らく今後他のサポからやメディアからも出てくる事は僕と大差無いと思う。「功」に関して。
やはり岐阜に政財界に対してサッカーに目を一時的にでも向けさせた部分でしょう。あのときはあの手段以外で状況を打破出来たかどうか今でもわかんない。事実債務超過は解消。J1ライセンスに向けての環境整備も一気に進んだ。今西さんの時のあの冷遇ぶりはなんだったんだ!ってくらいの加速度で。蒸し返すようになるが問題はそれを結果で持続させれなかったこと。今の岐阜のサッカー熱は正直外野から見てると行徳さんの頃と大して変わんない。熱心なサポの頑張りだけが目立ってるしそれも空回りしてるのが現状。とうの昔に一線から引いてる僕は言えた立場では無いとは承知しているけど…今のままではいつか書いた「誰も幸せにならない3年間」って最悪の結果しか待ってない。そんな事は我々もラモスも望んでは居ないだろう。

事ここに及んで昇格だPOだなんて寝言言うのはもうおらんだろう。もう今年の目標は「今年も残留1本」になった。吉田新監督に待ってるのがいきなり札幌、清水ってのもハードラックだが…この2戦のどっちかで勝ち点取れないと本当にヤバいことになる。残り18試合で勝ち点18あれば例年のボーダーなら残れる。お手並み拝見と余裕はかませない。出来ることは殆どないけどどうにかしがみついて残留を果たして欲しい。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR