緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

東海リーグ1部2016総括その3 ChukyoUnivFC

今日の総括はCUFC。観戦数が例年多かったんだけど今年は刈谷+三国志を優先し過ぎて家から近場にも関わらずびっくりするような数字に…

6位 ChukyoUnivFC
3勝2分9敗 勝ち点11
得点16 失点32  

チーム得点王 坂居瞬 4得点

2016ChukyoUnivFCキーワード「割り切り」


今季リーグ戦績

H岐阜 1-2●
H伊勢 0-3●
H三重 0-2●
A常葉 1-2○
A刈谷 1-3●
H鈴鹿 0-1●
A藤枝 0-0△
A岐阜 2-0○
A伊勢 2-4●
A三重 0-3●
A常葉 4-1○
H刈谷 0-5●
H藤枝 3-3
A鈴鹿 1-4●

天皇杯及び全社予選
vs東海学園FC 1-1(PK3-4●)

これは方々で言ってきた事なんだけどとにっっかく開幕前の伊勢志摩とのTMでの印象が最悪極まりなく、全社予選での初戦敗退も踏まえて「降格最有力候補だろ…」って思ってた。

ただリーグで唯一行けた市役所戦で吉田監督と話せたんだけど「上4つ。特に刈谷はどうにもならん。(4強に)勝てる隙があるチームもあったけど力の差があるのも事実。だから勝ち点取れる相手に勝ち点取れるサッカーをすることで残留を最優先にした。」って主旨のコメントが取れた。

実際その通り上4つには全敗。勝ったのは常葉に2つとセカンドに1つ。そして市役所に2分とBクラス相手には開幕のセカンド戦での1敗のみ。常葉より1部での経験が長い吉田監督の割り切った采配で残れたようなもんだろう。正直言って選手の力量だけ取れば常葉と大して変わんない。例年の入れ替えも今年は少なかったし、澤藤(岡崎)、小西(鈴鹿)レベルとなると言葉に詰まってしまうなぁ…全般的に見て選手層の小粒化は感じた。前述2名ほどインパクトを残せた選手はいない。

ここもそうなんだけどやっぱりラスト15分での失点数が10と踏ん張りきれない試合が目立つ。得意の夏場以降も4強相手には歯が立たなかった事も考えるとフィジカル面での優位性もそこまでなかったろう。常葉の時にも書いたけどここも1軍とサッカーの統一性を持たせてるか疑問はある。その辺りも踏まえての編成と構成をしないと今以上の成績をこの先残せるとは考えにくい。

常葉で取れずにここで取れたコメントで絶対的に違うのは「チャンスがあればJFL狙う意思がないわけではない」と言質取れたこと。無論簡単な話では無い。金は正直どうとでもなるだろうけどそこまでの戦力整備となると流経大レベルの投資が必要になるし、いくら水道の蛇口捻れば水が出るレベルの金持ち中京大とは言えはいわかりましたとはならんだろ。箱も当然中京大では出来ないしそうなると岡崎と豊田市陸の奪い合いになる。ただし現状4強に勝てる要素はほぼ無い。意思が絵に描いた餅で終わってはしょうがない。花火打ち上げてもいい気はするけどなぁ…

正直春先の最悪な印象から良く持ち直して残留できたと思う。監督のコメントでもう一つ印象的だったフレーズが「1部と2部では全然違う。」これは全く同感。来年東海学園が上がってきて隣町ダービー(学校の距離も自転車で十分なレベル)となるが2部での東海学園の試合を見た限りではまだCUFCのが上。ずっとなんだかんだで1部を戦ってきてるアドバンテージは財産になってるはず。それをこの先食いつぶすのか原資にするのかはチーム、各々の心掛け次第。



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR