緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

東海リーグ1部2016総括その8 FC刈谷

1部大トリは東海連覇で再度「還るべき場所」への挑戦権をゲットした刈谷。もうとにかくリーグでの成績は異次元の物。

けどカップ戦の結果が出てない…これが短期決戦においてどうなんだろう…

優勝 FC刈谷
13勝1分 勝ち点40
得点43 失点7

チーム得点王 中野裕太 11得点

2016FC刈谷キーワード「充実」


今季リーグ戦績
H 伊勢 2-1○
A 三重 3-1○
H 常葉 4-0○
A 岐阜 2-0○
H 中京 3-1○
A 藤枝 4-0○
H 岐阜 2-1○
A 伊勢 1-0○
A 常葉 8-0○
A 中京 5-0○
H 藤枝 2-1○
H 鈴鹿 2-0○
H 三重 2-2△
A 鈴鹿 3-0○

全社県予選
vs津島 6-0○
vs中京FC 4-0○
vs愛知朝鮮 5-0○
vs織機 2-0○
vs蹴球団 1-2●
全社東海予選出場

全社東海予選
vs矢崎 3-1○
vs鈴鹿 1-2●

うーん…リーグでの結果はもう何一つ文句は無い。つかつけれるわけがない。この星取り表で。だからこそ全社出れなかったのが…天皇杯に至っては愛知の謎ルールで参戦すら叶わずだし。一発勝負における怖さは正直言ってある。まともな地力は9地域王者の中でも最上位級ではあると確信は持ってるんですが。


ようやく全国を狙えると自信持って送り出せるチームになってきました。9地域唯一の無敗王者。MAX42の東海で勝ち点40って準フルマーク。それも1強状態では無い。三重三国志を向こうに回して全社2位鈴鹿にリーグ2勝。全社3位の三重にも負け無し。むしろ全社の三重勢が結果出したことでこの2つが勝てなかった刈谷ってどんだけ~??みたいな空気も愛媛であった。

これがなぁ…僕は現地ではつえーぞ?wと笑い飛ばしたが選手らにプレッシャーなってないかって不安が少しある。全社欠席なので10月の過ごし方が相当に大事になるぞ?とは前も書いたが合宿組んで3連戦のシュミレーションとして3日連続のTM組んだりそれとは別に磐田とTM組んだりとやるべき事はやってた様子。(3日連続TMの相手は西条で飯塚監督に直撃したがはぐらかされた)もちろんそんなもん見てないので判断はつかないけどこの結果内容に自信を持てているならCLの準備もそこまで焦ってはないんだろうと思う。

初戦が水島。愛媛で見たときは昇格どうこうのプレッシャーがないので選手にも余裕が相当感じれた。水島は仮に勝っても「降り」の可能性が滅茶苦茶高い。故に重圧受ける理由も無い。そういった相手に最初の1点がなかなか取れずに…って例は過去にも無かったわけでは無い。なるべく早くまず1点。そうすれば刈谷も重しは取れるとは思います。それが突破のカギでしょうね。

運営に関してはとっくに合格点出してるし問題なし。金集めに関しての不安はある。特に名古屋降格でT系企業は更に厳しくなること必至。そろそろ大きなスポンサー欲しいねぇ…いい「ゾーン」ってのは賞味期限がある。それまでには納得が残る結果が問われるのではないでしょうか。

とにかくもうそろそろ「ARB」の連中をJFLに帰らせてあげだい。(IRVじゃねぇからな!)今年以上のチャンスはもうないと思う。あとは結果。とにかく結果。


明日は2部総括。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR