緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

共に生き、共に歩き、共に笑い、共に泣こう。

地域CLが終わり、皆様ご存じのようにFC今治と我が東海リーグからヴィアティン三重が市原からJFLって大きな海へ旅立ちました。

そしてそのヴィアティン三重と2つめの船を争ったのは同じ東海の、同じ三重の鈴鹿アンリミテッドFCでした。

土曜の午前にヴィアティンが今治に敗れ、鈴鹿が水島に勝利したことで日曜午前の「第6ラウンド」は僕がずっと言い続けてきた「優勝決定戦」ではなく、「昇格決定戦」って最悪1つ手前の形に。(勿論最悪は両方昇格不可だった)

せめて。せめてどちらか一つにしても直接対決だけは勘弁して欲しかった。優勝決定戦にするはずだった最高の日曜日が最悪の迎えたくない日曜日になった。けど「東海帝王」の二つ名を貰ってこの市原に居る以上僕はこの試合から目を背けてはいけない。それでもやはり試合前に彼らの、彼女らの顔を見ようって気持ちにはとてもじゃないがなれなかった。特に付き合いの長い鈴鹿サポに会ったら僕は鈴鹿に肩入れすることになってた可能性も否定できない。でもそれは僕の立場。立ち位置から許される事では無い。だからメインスタンドの頂上。地域リーグ全国の観戦仲間と席を確保したら僕は頑として動かなかった。動けなかった。





始まる前から「顔が引きつってる」と指摘を受けた。平静を保ってようと努めてたがやっぱり無理だった。そして入場時に僕から見て左側。ヴィアティンのサポ席から聞こえてきたこの『Love Me Tender』。白状する。僕はこれが聞こえた瞬間に涙腺が崩壊していた。けどそれは僕だけではなかった。歴戦の地域リーグサポでも僕の他に複数名涙腺が崩壊してた人間がいる。けどね。僕は土曜に一緒にこれを唄ってる。土曜の聞こえ方とこの日の聞こえ方の違いは聞こえた場所だけの違いだけだったのか?違う。絶対違うはず。ある人はこの声を「慈愛」と表現した。ある人は「勝ちたい気持ち、負けたらって恐怖、全てが均等にミキシングされてる声」と表現した。僕はまた違う捉え方だった。僕は「覚悟」を感じた。それはこの試合の勝ち負け云々の覚悟では無い。「この先も君達と共に生き、共に歩き、共に笑い、共に泣く事を受け入れる。」覚悟を決めた声に聞こえたのだ。もしこの試合が優勝決定戦だったら多分聞こえ方も捉え方も違ってたはずだ。3位決定戦でもそうだったろう。これが「2位決定戦」だったってのが全てだったんでしょう。

試合の事は全て割愛します。市原に居た人は元より、このブログを見てる「地域系」の人ならみんな動画配信で見てただろうし見たことそのままが全てです。どう考えてもあの結果もあの数字も妥当としか言えませんでした。

何度も何度も見てきたはずの終了の笛と歓喜と悲嘆。一昨年は出た3つめの船はどうしても出すこと叶わず。鈴鹿とはまだ1年付き合う事になりました。

試合後やっぱり顔を合わせづらく躊躇う僕の背中を押してくれた友人に感謝。先に顔を合わせたのは勝ったヴィアティンのサポだった。けど笑顔では泣く嗚咽の表情だった。今年だけでは無い。ずっと三重のサッカーを盛り上げるべく共に戦って来て今年になって5回の対決。「西条での水曜日」を経て彼らは。彼女らは心から盟友になったはずだ。その盟友は斬らざるを得なかった苦しみは言葉では言い表せないだろう。あの場でも言ったけどヴィアティンよ。「鈴鹿の想いと業を背負って戦って来い!」それがこの東海を旅立つ君らへの僕からのメッセージです。

そして鈴鹿。付き合いがずっと長い分正直ツラかった。もう本音を書いちゃうけどどちらが勝っても心から祝福して送り出すとは言った。その言葉にウソはない。けど勝って欲しかったのは鈴鹿だった。これは「共有した時間」の差でしかない。気を悪くしたヴィアティンサポが居たら申し訳無い。「西条の水曜日」に居た鈴鹿サポは少数だったから多くの人とは僕は土曜日に初めて一緒に戦った。そのせいかどうかわかんない。日曜の試合後に少しだけ距離は縮まった気はする。君達のモチベーションをちょっとだけ上げるキーワードはあげた。今すぐは無理だと思う。今は休んで心と身体を休ませてあげてください。

クラブの数だけ喜びと悲しみがある。

サポーターの数だけ喜びと悲しみがある。

クラブがあるからサポーターがある。

サポーターが居るから「縁」が生まれる。

「縁」があるから「感情の共有」が出来る。

1人で抱えるのがツラい時は仲間と共に共有すればいい。

喜びは多くの仲間と共有すればより大きな物になるはずだ。

それがクラブと共に生きることだと僕は思ってる。

共に生き、共に歩き、共に笑い、共に泣こう。クラブも君達もこの先もこれからも。

最後に。
今回の飛行機事故で犠牲になられたシャペコエンセの選手関係者。ご家族。そしてサポーター。全ての方にご冥福をお祈りいたします。
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/11/30(水) 10:18 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR