緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

厳しい現実

JFL1stステージ 第2節

FCマルヤス岡崎1-1ホンダロック


得点者
岡崎 地主園
ロック 佐々木

去年は東海があまりに忙しくて岡崎まで手を回しきれず、春先にチョロッと観た程度で終わった岡崎。
まだ東海の日程が出てないけどヴィアティンとの兼ね合いもあるしどのくらい観れるかは正直未知数。
去年は割と余裕を持って残留を果たせたがなら今年もそれが出来るかは定かでは無い。開幕節でヴィアティン相手にドローだったロックはそうゆう意味では査定対象として申し分無い。てなわけで港まで足を運んだんですが…



こんな並びで挑んだわけだが前半はまず1トップの盛礼良の裏をめがけて縦パスを出してそこから2列目を押し上げてくる戦術。これが不安定なロック守備陣の混乱を招くのに成功して前半序盤は岡崎のペース。18分にロックが不用意なファウルで与えたセットプレーからこぼれたボールをフリーだった地主園が豪快に蹴り込み岡崎が先制。理想的な試合運びで岡崎のペースに持ち込んだ。

前半の岡崎は中盤の底の位置の熊澤、大庭の関係が良く特に大庭がボールを刈り取るシーンが目立ちそこからカウンターってシーンを何度も演出。しかし追加点は無く前半終了。2点目取れば余裕で詰みに出来るが追いつかれたら捲られるんじゃねぇかなぁ…って印象の前半だった。

後半。向かい風になった岡崎は前半と大きく戦い方は変えてなかったがやはりロック守備陣の不安定さは消えずミスにつけ込んで決定機を得るが杉本のシュートはポストに嫌われ失敗。なんか潮目変わった感があったが岡崎の交代の初手が地主園→澤藤。「!?」となったがやはりこれは悪手だった…地主園のようなスピードと運動量では無く、足下とバランスを取るタイプの澤藤では全然特性が違う。案の定左サイドの守備が薄くなってそこから崩れて交代で入った佐々木に頭で叩き込まれ同点に。ここからは前述した予感が半分当たりロックの絨毯爆撃。しかし藤井を始めとした守備陣がどうにか踏ん張ってドローで済んで勝ち点1。しかしながら気分的には殆ど負けと変わらん中身だった。

率直に言う。今日のロックの出来なら前半で勝負付け出来てたはず。前述したように2点目を先に取れれば余裕で勝てたしもっと言えば3-0に出来なきゃダメな試合だった。正直言って1-0でも僕はブーブー文句垂れるつもりでいたがそれどころかドローで勝ち点2を失う有様。負けていたら大爆発必至の内容。疑問視の付く采配もあったがそれ以上に追加点を取って詰みに出来ない辺りに今年の岡崎の詰めの甘さが見え隠れレベルではなくハッキリと映ってしまった試合だったと思います。申し訳無いけど現実目標は今年も残留でしょうね…

当初は26日の八戸戦も行くつもりでしたが方針変更。26日は四日市に行きます。早めにヴィアティンも観ておくことにしました。
とりあえずは東海が始まるまでは岡崎も観るつもりですが変わり身が無いと厳しいシーズンになる悪い予感しかしません…
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR