緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

手段と目的

明治安田生命J2リーグ 第4節

FC岐阜1-2横浜FC


得点者
岐阜 庄司(PK)
横浜 佐藤 野崎

前節で陰険メガネに岐阜の殺し方バラされてそれを横浜にもしっかりやられたなぁ…と。1-1で何とか済ませたかったけど前半の青木の大ポカが結果として致命傷になったと思ってます。

4試合連続失点中と相変わらずな守備難な状況だけどより深刻なのは圧倒的なポゼッション率に反比例してるシュートに対する意識の無さ。ポゼッション率は70くらいあったはずだし回したパスも800超えてる。本来なら二桁シュート浴びせてないとおかしい。けどシュートに至るまでのチャンスを生み出せない。それはなぜか。誰もエリアに入ろうとしないからだ。

岐阜の攻撃におけるコンセプトはサイドで数的優位を作って相手を引きつけて庄司、シシ-ニョの正確で速いサイドチェンジで空白のスペースに速いウイングを切り込ませる。のはず。ここまでは出来てる。けどこの形で得点に至ったのは名古屋戦のパウロのカットインシュートのみ。これしか手立てがないのならそりゃ対策も簡単でしょうよ。本当なら逆サイドに振った際に反対側のウイングはエリアに侵入してないといけないはず。けどエリアの中をしっかりブロック組まれるのが早いからバイタルで「持たされて」網に掛かった所にカウンターを喰らうって悪循環。要するに今の岐阜は相手に「中固めて外で回させておけば勝手にミスってくれるからそれ狙えばいい」と看破されてるわけでして…

これを打開するには

1 エリアの中で勝負させる手立ての戦術練習。

2 ミドルの意識向上。

3 0トップ諦めて瀧谷or難波の先発起用。

4 未見のクリスチャンの起用。(ヘニキorビクトルを使えなくなる副作用有り)

こんなとこですかね…庄司のPK以外で得点の香りがしたのが永島の正面行ったミドルだけだったってのもヒントだとは思うのですが。高さも正確無比なキックもあるわけではないのでセットプレーが大きく望めないってのも結構厳しいもんがあるんですが…

今の岐阜のポゼッションが本当に相手を支配、圧倒するとなるにはシュートに対する意識が上がってこないとダメ。ボールを回すのは相手を走らせて自分達のスペースを作っていくのがゴールへ結びつける「手段」のはず。けどけどボールを回す、保持する事が「目的」になっていたら泥沼に沈むハメになる。ここが正念場です。少し危機感持った方がいいかもしれないです。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR