緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

その壁、未だ高く険しく。

東海社会人1部リーグ 第3節

鈴鹿アンリミテッドFC2-1FC伊勢志摩


得点者
鈴鹿 近藤 堀河
伊勢志摩 大野

先日の全社三重決勝は2-0と鈴鹿の完全勝利と言って差し障り無い内容だった。
そこから約1ヶ月でその差が埋まるかどうかは正直疑問符が付いたが伊勢志摩目線で言えばいつまでも三重の先輩に未勝利のままでは未来は絶対に開かない。それが出来るか否かがこの試合の僕の焦点だったんだけど…


20170521090335914.jpg



20170521090340283.jpg

試合は開始早々から鈴鹿が3バック攻略の定石であるWBとストッパーの脇のスペースを攻め、伊勢志摩の守備陣にボディブローを浴びせ続ける。そして今日は左MFに入った堀河を伊勢志摩守備陣がどうにも止められない。一方的に攻撃を浴びせ続けて奪ったCKから伊勢志摩がマークを剥がされてあっさり鈴鹿先制。


伊勢志摩も反撃に転じたいところだがボールを奪っても攻撃に転換することが出来ない。鈴鹿の中盤、守備陣のチェックが速く、セカンドボールを全く物に出来ずボールに触りたいが故に頼みの溝田もサイドに開き過ぎてしまい逆に深澤の蓋をしてしまって攻撃が機能不全に。前半はスコアこそ1-0だったが数字以上のワンサイドゲームで鈴鹿リードの折り返し。

とてもじゃないが伊勢志摩は「このまま」では取れる可能性はほぼゼロ。何らかのテコ入れをしないと無理だろうってのが前半での結論。4バックにして鈴鹿の攻撃に対して対処をするか前線の入替をするかくらいしか思い浮かばなかったが伊勢志摩はHTで飛騨を投入して溝田を左FWに位置変更。これで反撃に転じようとしたのだが後半開始早々に準備しきれないまま入った隙を堀河に見逃されず鈴鹿に追加点が。



2点差は危険と言うが前半の出来を顧みるにこれで勝敗は9割方決した。あとは鈴鹿が点差を拡げれるかどうかだけになったんだが後半の伊勢志摩は前半になかったサイドチェンジを使い出した事で少しずつ鈴鹿守備陣を押し込めるように。しかし決定的なシーンまでは鈴鹿もさせない。伊勢志摩は早め早めの選手交代で現状打破に必死になり攻めてくるが鈴鹿の運動量が落ちだしてからは攻勢になりハイプレスから奪って一気のミドルで1点差に詰め寄る。



正直このゴールの前の飛騨のプレーはファウルじゃねぇか?とは思ったが笛吹かない以上はインプレー。鈴鹿が一瞬緩んだ所に間髪入れずにシュートを選択した大野の思いきりの良さが功を奏して伊勢志摩は1点差に迫るが反撃はここまで。鈴鹿は75分過ぎからガス欠兆候が出ていたがどうにか逃げ切ってリーグ唯一の3連勝。締まらないラストではあったけど眼下の敵を退けました。

鈴鹿は振り返るとややオーバーペースだったのかなと…70分辺りで怪しくなって75分でガス欠兆候が出たのは今度に向けての課題になるでしょう。伊勢志摩は…正直前半は何したいのか全くわかんなかったです。鈴鹿に何もさせてもらえなかったってのもあるけどそれにしたって…です。ちょっと色々手入れが必要ではないかと思いました。そして今日も先輩に勝てず。最初に書いたけどこの先輩の壁を越えずしてその先はあり得ない。まずは鈴鹿に勝つ事がこの先の目標であり課題になるんでしょう。

とりあえず今日は岡崎vs今治。夜にDAZNで岐阜vs長崎の予定です。



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR