緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

指導者と指揮官は似て非なる物…

JFL 1stステージ 第14節

FCマルヤス岡崎0-1ヴィアティン三重

得点者
三重 OG

どちらも東海リーグを戦ってこのJFLに来た両チーム。けど岡崎は地域決勝を勝ち抜いてはいなくって、三重はそもそ東海リーグを獲ってない。どちらも王道の昇格コースを歩んでないってのが共通項ではあるんだけどこの両チーム、TMでは三重が岡崎を常にボコってる。そして今年両方見た上での試合前の予想は「どう考えても岡崎の勝ちの画は描けん」。良くて引き分け。まともにやったら十中八九三重勝ちが僕の正直な予想でした。



ゴベッチ

岡崎は毎回来る度スタメンが入れ替わっていて並びも何も予想が立たないんだけど澤藤の右以外は概ね納得行く並びだった。(澤藤は真ん中の方が生きるって意味で)三重はほぼ予想通りだった。

試合はピッチが上から見てる以上に悪かったんでしょう。とにかく三重はドッカン前蹴り。しかし藤牧がCB2名をまとめてやっつけてるので後は後詰めがしっかり詰めれば…ってシチュエーションだったんだけど枠を捉えきれないシーンが続く。むしろ岡崎の方が繋げてるって印象だったくらいだ。けどゴール前の精度はどっちもどっち。前半はスコアレスだったけど前半の感想は「先にミスった方の負け」。理想は寺尾兄弟がそれぞれ決めて1-1ドロー。繋げてるとは書いたがやっぱり岡崎が先に点取って逃げ切るって画は僕には描けなかった。

「先にミスった方が負け」ってのはピッチは無論の事。ベンチワークも含めてミスった方が負け。そうゆう言葉が出た時点で僕は岡崎負けを予感してたって部分がある。ただ三重も今日は大概出来が良くなかった(特にDFライン)のでワンチャンはあるとは思った。しかし交代のタイミングを岡崎が後手踏んでしくじって試合の潮目が三重に行ったところでこの日サイドで大人しかった田中がエンドラインまで抉ってマイナスを上げたらまっていたのは岡崎のOGによる先制点。この後岡崎はレオジーニョを投入するも5分でどうこう出来る訳もなく終わりの笛。三重が虎の子の一点で勝ち点3をゲットしました。

岡崎の監督の大江さんは試合毎にスタメンをいじって色んな選手にチャンスを与えつつ成長を促してる。この手法そのものは間違ってない。長い目で見ればだ。けど実際は岡崎は現在残留争いのいつもの席しか座ってない。つまり即効性のある「結果」も同時に問われる。この部分で岡崎は非常に勝負弱い。少なくとも今日の三重なら勝ち点1は取れた。つか最低1は取らないとならんかった。しかし結果はゼロ。

ハッキリ書いちゃおう。大江さんは色んな選手にチャンスを与えて成長をさせるって意味では優れた育成の手腕を持ってると思う。けど試合での交代が常に後手踏んでる感がどうにも拭えない。今日に関してもレオジーニョの投入が遅すぎた。いくら何でも5分そこらで結果出せは無茶苦茶です。この試合で確信しました。大江さんは優れた指導者だと思うが優れた指揮官ではないと。結果って意味では相当に我慢を強いられるだろうし今現在の位置では悠長な事は言ってられない。全く気にしてないことはないだろうけどこのままでは降格は十二分にありえる。交代は言わないけど変わる必要はあるんじゃないかと感じた試合でした。

ヴィアティン。出来は良くなかったです。特に後ろ。岡崎の火力不足で助かった部分が大きかった思います。ピッチの悪さを嫌がってる節はあったけどそれにしてもとにかくドカーンで藤牧を目掛けた作戦は最終的にボディブローとなって岡崎を消耗させる事に成功してたのかな…これまで見てた印象ならもうちょっと楽に勝てる思ってたけど…

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR