緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

一騎打ちこそ男の華よ!

東海社会人1部リーグ 第13節

トヨタ蹴球団4-1常葉大浜松FC

得点者
蹴球団 鈴木 成田 遠藤 佐藤
常葉 服部

正直刈谷でもいいかなぁと思ったんだけどこの試合の実況人確保が厳しいと予感したら案の定。こっち行って正解でした。
未だ未勝利で残留圏を彷徨う蹴球団。既に1つ勝って一息はつけてるけど安全圏とは言い難い常葉。眼前のライバルの岐阜セカンド、東海学園は上位相手のアウェイ戦で勝ち点上積みの可能性はそう高くはない。ここで勝ち点3を取ればとりあえず折り返しでの降格圏は脱出出来る。着いたと同時に雨が一気に強くなったけど体力勝負になったら常葉有利かなぁ…って予想でした。





蹴球団は4-4-2から4-1-4-1にシステムを変えてきた。こうすることで司令塔2枚の布陣を敷ける。しかし常葉もそのW司令塔にすんなり渡す事を許さずハイプレスで蹴球団を押し込んで行く。1つ2つと常葉も決定機に近いチャンスを作るが最後の詰めが甘かったり山下の好守もあって流れが蹴球団に向きかけた刹那、蹴球団はシュートをファンブルした常葉GK高柳に襲いかかり蹴球団の帝王鈴木が流し込み先制。しかし常葉もこれで戦意喪失とはならず続けてハイプレス。これが実って服部がゴール前でフリーになり冷静に流し込んで同点。この直後に常葉は蹴球団DFのミスから付け込みPKをゲット。蹴るのは主将の市川だったがコースが甘く山下に止められ逆転に失敗。これが試合の潮目になったと思う。この後蹴球団はハイプレスをかいくぐると一気にゴール前まで持ってくシーンが増え出して田村直のアーリークロスにフリーで抜け出した成田がボレーで合わせて勝ち越しは蹴球団。この後更に右からのクロスを遠藤が飛ぶこともなくフリーで合わせて3点目。常葉は勝ち越すどころか2点ビハインドの折り返し。

こうなっちゃうとハイプレスでショートカウンターに託してた常葉は厳しい。時間が立てば立つだけハイプレスの勢いは落ちる。蹴球団もこの天候とピッチコンディションで怪我を恐れたか後半は積極的とは言い難いサッカーだけどしっかり時間を消費させる事に成功。逃げ切り体制に入ったところでコーナーから佐藤がトドメを刺して4点目。蹴球団が今期初勝利を挙げました。

先にも書いたけどこの試合の分け目はPKだったと思います。したがってMOMは山下。PKってのはサッカーにおける究極のタイマン勝負であって、それでいてキッカー圧倒的有利。それをGKが勝てばそれだけでチームの勢いは変わります。今日はそうゆう試合だったんかなぁと思います。

とりあえず常葉は中盤の守備が全然。プレスくぐられたらゴール前まで持ってかれた回数かなり多かった。最終ラインへの負担を減らすにはその前での守備が肝になるのにそれが出来てなかった。大量失点負けが多いのはこの辺りに理由があるんじゃないかなぁ…

蹴球団はようやく片目が開いて復調の気配が見えてきました。ただセカンド戦でもあったミスが今日もあった。しかもそれは試合を左右しかねないミスだった。ミスはなくせない。けど減らせる。蹴球団の課題はここじゃないかなと思ってます。

とりあえず来週は全社。明日の東海リーグニュースは全社特集号でお送りします。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR