緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

トンネルを抜けた先は?

明治安田生命J2リーグ 第22節

FC岐阜3-2京都サンガFC

得点者
岐阜 難波 大本 OG
京都 闘莉王 小屋松

11試合振りの勝ち点3。けど前も言ったけど10連敗ではなく、半分近くは引き分けで勝ち点は取れてたんで赤信号では無く黄信号レベルの危機感でしかなかったんだけどこのまま続いたらさすがに赤信号だなぁ…と思ってみてました。

失点が2つともスローインから一発のクロス、パス。それも両方エスクデロ経由でやられた物。1点目は闘莉王に付いてたのが古橋って時点で失点やむなし(それもそもそもどうなんだよ?)だったんだけど2点目の小屋松をドフリーで抜けさせたCBの罪は軽くない。アレ一度だけでも大概だがあの形、この日2回目だぞ?一度は野澤が頑張って身体寄せて助かったけど本来なら前半だけで3失点だ。京都の守備が全般的にユルユルだった+シシ-ニョが2列目に降りたことでボールが回るようになったって部分での攻撃面の良さと前述の守備面の脆さが両方浮き彫りになったってのが率直な感想です。セットプレーも当然含まれるんだけどプレーが切れた時に一瞬間が途切れるシーンが多いんですよね。これは守備の仕方あり方以前の話。繰り返すけど2失点目は本当に気に喰わない。

長いこと勝ててなかったけど中身がどうしようもなかったのは大分戦、愛媛戦、千葉戦くらいだったかなぁ…個人的には愛媛戦がダントツでワーストの内容だったけど。結果が出ないことでチーム内の自信喪失が怖いってのは春先にも書いたんだけどこの時期にチームがぶれだしたら致命傷になりかねない。そうゆう意味で後半戦スタートのこの試合を取れたのは大きいし意味もある。ただこのトンネルを抜けた先の世界が明るいか暗いかはなんとも言えん。

勝ち点の件。現在岐阜は26で18位。現在PO圏6位のの水戸が35。降格圏の21位讃岐が13。
昇格圏内からは3ゲーム差。降格圏とは4ゲーム差ある。岐阜の1つ下の熊本が19で岐阜とは2ゲーム半差。7位から18位までが勝ち点差8以内で固まってるんですよね。だから1度連勝するだけでも大きくジャンプアップするし仮に2連敗しても少なくとも2試合は18位より下がることは無い。従って下に怯える必要は大して無い。極論だけど今岐阜の下4つに全部勝てばそれだけで38。これにあと1つ2つ勝ち星足せれば41~44。残留安全圏と言っていい。だから今年は残留云々を必要以上に口にしなくてもいい。少なくとも今は必要ない。眼前の試合の事だけでいい。

とりあえず水曜の天皇杯は「勝てればいいなぁ…」くらいのもんです。広島も今の状況では天皇杯どころではないんで全くチャンスがないわけではないんだろうけど…勝ち負け以上に怖いのは怪我に赤紙。今日も小野が自ら×出して下がったけど大事なければいいなぁ…
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/07/12(水) 16:43 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR