FC2ブログ

緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

わずかな差。大きな点差。

東海社会人1部リーグ 第9節

東海学園FC3-0常葉大浜松FC


得点者
東海学園 金田 平賀 沓名

昨日の長良川で酷いもん見せられてダメージが結構なもんあったから正直今日朝起きてから行くのどうしようか真剣に悩んだ。
けどなぁ…行く言ったしこの試合の実況人なんか全く期待できんししょうがねぇ…行くか。と東海学園へ。30分前に着いたんだけど僕が観客3人目。どうしよう…観客一桁とか笑えねぇぞ…とは思ったが選手の親御さんや友人、サッカー部仲間等々で最終的には30人前後に。その中にはひょっとしたら来るかも…と思ってた魔王の姿もあった。

現在1部は4強4弱の構図がハッキリしていてこの一戦は所謂Bクラス対決。勝てば残留を大きく引き寄せ負ければ残留は結構ピンチになる。前日に同じBクラスの蹴球団、セカンドが揃って負け。ここでの勝ち点3は実質6レベルある。Aクラス入りは現実的ではないが残留は現実的な目標である両チーム。さぁどうなるか…




高柳

試合は最初東海学園のペースで進む。東海学園はエースの上田がおそらくは1軍昇格なんだろうけど今週半ばに登録を抹消。
沓名と吉川の2トップに中盤が絡んで攻めていくが常葉もコーナーは与えても決定的なのは撃たせない。逆に東海学園が攻め疲れ気味になったら常葉のペースになってスルーパスから佐藤が抜け出して大澤と1対1になるがシュートがポストに嫌われプッシュしようと飛び込んできたがこれもダメ。それから間を置かずに得たコーナーでもまたポスト。常葉は2点フイにしてしまいまた流れが東海学園に。そして何度も得てきたコーナーからこぼれたボールをトリッキーな体制からヒールで押し込んで東海学園先制。前半はこれで折り返し。

前半1-0だったけどこのまま終わる感は感じなかった。まだまだ常葉の戦闘意欲は十分あるし東海学園がそこまで盤石で逃げを打てるとも思えない。東海学園としては前掛かり気味になるだろう常葉の裏を突きたい。常葉は早めに追いついて流れを掴んで逆転したい。こんなところかな…と思いながら後半KO。やはり常葉が前線4人を中心に攻めてくるが仕上げの雑さが目に付いて決定機には至らず。逆に我慢してた東海学園がまたもコーナーから押し込んで追加点。これで2-0。ちょっと常葉はこれで手詰まりになった感が出てきて時間は過ぎる。このまま2-0で終わりかと思ったが東海学園は最後まで攻撃の手を緩めずATにクロスからズドンとヘッドで叩き込んで勝負あり。同時に試合終了で3-0。東海学園の完勝って結果に終わりました。

とは言った物の。

個人的には3-0になる程の差は無いと感じました。逆の結果でもおかしくはなかったと思います。
試合を分けたのはセットプレーだったんだけど常葉が前半のビッグチャンスのどっちかでも決めていれば…ってifの結果を想像してしまうくらいには差は無く感じたのです。逆に言えば東海学園のチャンスに対する集中力は立派でもあったんですが。これで東海学園は3勝目。残留サバイバル戦を制して残留を大きく引き寄せました。常葉はこの試合落としたのは結構痛い。蹴球団とは既に2戦消化済み。東海学園ともこれで2戦消化。残留の為にはAクラスからの勝ち点奪取が必要になってしまった。それも1つは勝ち点3が必要になってくる可能性が高い。この結果が致命傷にならないといいけど…

とりあえず今週は1部で大きな動きがありました。詳しくは明日。それでは。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR