緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

怒声ステレオサウンド



東海社会人リーグ第11節

トヨタ蹴球団1-4FC伊勢志摩


得点者
蹴球団 成田
伊勢志摩 村上 飛騨 森(FK直接) 溝田

優勝の望みは数字上あれど現実味は既にない伊勢志摩。未だ降格の影はあれど残りの相手的には比較的恵まれてる蹴球団。
さもすれば消化試合っぽいイメージになるがまだ何も決まってない以上消化試合はあり得ない。そんな中残暑厳しい中京大での一戦に行ってきました。





どちらも開始からプレスがうまくかからずにゴール前に運ぶシーンが増えるが最後の一線は割らせないって展開。若干蹴球団が3バックの脇を突いてのサイドアタックからチャンスを作るシーンが目立ったが大岩根が立ちはだかる伊勢志摩ゴールを割れない。東海リーグウォッチャーならみんな知ってる大岩根はノッてくればプレーにも口にもエンジンが掛かってくる。相当に怪しい自作自演のファインセーブもあってだんだん絶口調に。こうなるとだんだん流れが伊勢志摩に流れていって一瞬の隙を突いて裏を取った村上に先制を許すと完全に伊勢志摩ペースに。そしてその流れを活かして飛騨がドリブルからの華麗なループで0-2に。しかし前半終わり間際に蹴球団の反撃で裏を奪われるとなぜか大岩根が大飛び出し。それを吉田に交わされ万事休すとなったが後詰めが間に合い吉田も詰め切れず最後は大岩根のセーブ。このさっき以上に怪しい自作自演セーブで前半終了。

正直0-2とはいえ伊勢志摩DFの不安定さを見ると蹴球団が先に1-2にしたらどうなるかわかったもんじゃない。さすがに0-3にすれば詰むだろうけど…と思い後半へ。伊勢志摩は最終ラインがダメ。蹴球団は中盤の守備が全くダメ。そして奥村が必要ないファウルで与えたFKをFKの名手森が豪快に決めて0-3。これで勝敗の流れはほぼ決した。そして途中出場の溝田もコーナーから決めて0-4にしたが蹴球団も途中出場の成田の怒りの左が炸裂したが時既に遅しで試合は1-4で終了。どっちも相当に守備の不出来が目に付いたけどチャンスをしっかりモノにした伊勢志摩に軍配は上がりました。

さて表題の件。大岩根がやかましいのは東海ウォッチャーならみんな知ってる事だけど今日はそれ以上に中田一三監督の怒声が四六時中響いていたわけで…中田監督が黙ってりゃ大岩根。大岩根が黙ってたら中田監督。まさに怒声のステレオサウンドが響き渡っていたわけで…もっともその怒声もそら出るわなぁ…となるくらいには伊勢志摩の守備はお粗末な部分目立ちましたけどね…蹴球団の敗因はそこに付け込みきれなかったって事一点。布陣見ても相当攻撃的な布陣だったし先手取って傘に掛かりたかったのが不発に終わったかなぁ…って印象です。お目当ての新戦力は今日はメンバー漏れしてたけどまだ絞れてる印象無かったなぁ…間に合うのかなぁ…伊勢志摩は守備の整備が緊急課題レベルだと思います。少なくともこの出来では全国レベルでは厳しい。あと1回は伊勢志摩見れそうだけどどこまで修正出来るかなぁ…それが全社の結果に直結すると僕は思ってます。

蹴球団は…残留「だけ」ならどうにかなると思います。問題は未来にどう繋ぐか?じゃないかなぁ…
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR