緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

想いを紡ぎ、想いを叶え。

東海社会人1部リーグ 第5節(最終節)

鈴鹿アンリミテッドFC1-0常葉大浜松FC

得点者
鈴鹿 近藤

先週の刈谷との決戦を落としたが捲土重来のエクストラステージ。勝てばOK。勝てなきゃ刈谷。得失点関係なしのシンプルな条件。ならばやることはただ1つ。勝つ事だけを考えればよいだけ。相手は最下位確定の常葉。「普通」にやれば鈴鹿は勝って当たり前…のはず。しかしその「普通」にやれば…ってのは実は本当に難しい。掛かってる物があるのであれば尚のこと。そして刈谷戦の敗戦をもって解任となった小澤前監督。その監督解任の経緯の質疑応答が試合開始の90分前にあったので早めに行ったけど…正直言って全く核心には触れてはいないって印象でしかなかった。ただ逃げは打ってない…とも思ったけども。

試合の件。鈴鹿は監督となった藏川もそのままスタメン。刈谷戦と同じ陣容で挑んだけどこの日の常葉は球際の激しさがいつもより強く鈴鹿も開始早々のビッグチャンスを逃がしてからは大きなチャンスを掴めず少し悪い流れに。しかし常葉もチームの重心がどうしても後ろに傾くため奪ってから素早い展開に進めない。鈴鹿が攻めるが常葉が我慢強く守る。ある程度予想のつく展開だったがこれが長く続けば続くだけ鈴鹿は不利になる。一番怖かったのは力攻めでSBも攻撃参加の時間を増やした時にその裏を突かれること。そしてこの試合でもそうだったがセットプレーの守備の不安定さ。万が一常葉が先制したらエラいことになる。しかし嫌な流れで進んでた試合もこの試合常葉が唯一犯した守備のミスを鈴鹿が見逃さず近藤が押し込み先制。これで1-0の折り返し。しかしこれでイケるなんて空気は皆無。0-0よりはマシだったとは思うが鈴鹿はゲームマネジメントをしくじったらこの試合はひっくり返る可能性を感じた。基本的には2点目を取ればまず負けるって可能性は消える。ただそのために力攻めに出るのは下策。時間によっては「鹿島る」事も選択肢に入れないといけない。その辺りが指揮官がピッチにいることで指揮系統が乱れたらどうだろう?と。果たして後半。

後半は常葉の時間が長く続いた。鈴鹿は引くことはないにせよ失点を恐れる試合運び。風上に立った常葉は細かいパスとサイドチェンジを使いながら鈴鹿に迫り完全に崩したシーンからすわ同点と思われた刹那、高野がゴールライン上でそれを阻み常葉は千外一隅の逸機。固さが消えない鈴鹿は主導権を常葉に取られ我慢を強いられるが高野、藤井のCBが立ちはだかり常葉を食い止める。3分のATが長く感じれたが鈴鹿はどうにか逃げ切り時間切れ。この瞬間鈴鹿が3年ぶりの王座奪回で9地域最後の地域覇者としてCLに勝ち名乗りを上げました。

小澤前監督の解任に関しては支持も不支持も僕は明言しません。出来る立場に無い。しかし前監督、そしてサポの願いはただ1つ。昇格だったんでしょう。昨年の市原での無念を晴らすには。サポの優しさがウェットになりすぎたら…それが一番怖かった。ただそれは杞憂だったのかな…そう思いたい。

クラブは生き物です。新陳代謝を繰り返しながら成長していく物だと思っています。その中には当然の話だけど別れもあります。納得の行く物もそうでないものも。けどそれが紡がれて行くことが「歴史」なのです。

スタンドを見渡しても僕の知らないサポの顔がすごい増えた。逆に僕を知らない鈴鹿サポも相当数増えたでしょう。それでいいんです。それがクラブの成長ですから。1人1人の想いの力は細い糸のような物。その想いを紡いで行くことで太く、強い綱になる。想いを1つに。想いを叶え。目指すべき所は1つだけ。今度こそ。あの場所へ。


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR