緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

東海リーグ総括2017 その4 東海学園FC

今日は初の1部を中位で終われた東海学園。
開幕戦見て残れるだろうって見立ては出来たが躍進となるたなぁ…って思っていたが成績的にはほぼイメージ通り。
けど1部挑戦初年度って考えれば十分頑張ったとは思います。伸び代は感じるし来期以降楽しみではあるんですが…

5位 東海学園FC

5勝1分7敗 勝ち点16

得点24 失点28

チーム得点王 金田将広 5得点

2017東海学園FCキーワード「成長」


今期リーグ成績 

vs刈谷 1-2
vs常葉 0-2●
vs岐阜 4-2○
vs鈴鹿 1-2
vs中京 1-3●
vs伊勢 5-1○
vs常葉 3-0
vs岐阜 1-1
vs刈谷 0-3●
vs鈴鹿 0-5
vs豊田 3-1○
vs中京 2-4●
vs伊勢 3-2○
vs豊田 0-2

全社愛知予選
vsSHARKS 10-1○
vsFC LEONE 4-0○
vs春日井 4-2○
vs中京大 1-3●
vs織機 0-2●

全社東海予選
vs常葉 3-1○
vs伊勢 2-3●

リーグまぁまぁ見てるな…アパートからグランドが比較的近いし実況人確保って観点でここを優先しないといけない状況もあったからなぁ…で、その上での感想を。

極めてオーソドックスで堅い試合運びを良しとする傾向がありましたね。DFラインは基本的に固定されてましたし所謂奇策も用いた雰囲気は感じませんでした。明日書くけどCUFCみたいに勝つために色々と仕掛けるって言うよりは選手に自立を促してるって感じにも見えました。その上で現実見据えたサッカーしてた結果が残留成功って結果だったんだろうと思います。

常葉、CUFCと大きな違いは、トップの安原監督がトップと被らない限りはこのチームも指揮を執ったって点。他の大学チームや岐阜セカンドに対して言ってきた「チームとしての一貫性」はここに関しては道が描かれてる。東海学園のサッカーって一貫性が描かれてるって事はどの選手が出ても一定のクオリティが保てる。それは選手のクオリティが上がれば尚向上する。一貫性と方向性がきちんと保たれシンクロすれば未来はそうは暗い物ではない。ただ現時点ではまだ上とは差があるってのも事実だと思います。

実績を積んでいって学生の質を向上させてく事も大切だけど、東海学園のサッカーを学びたいって思わせる何かを作るのも同時に必要になると思います。今のとこはそれは出来て来てるとは思いますけどリーグで更に数字伸ばすにはもうワンパンチ欲しい。今のままでは大きく数字伸ばすイメージもないなぁ…CUFC見てる時より「おっ!」ってなる選手も居なかったし…

当面の目標は蹴球団と同じで1部定着。出来ればトップでは無く、ここから上位カテに行ける選手も出して欲しい。J特別指定でありながらこっちでずっとプレイしたGK大澤みたいな選手がもっと出てきてもいいでしょう。岐阜に特別指定されてる榎本は1軍だけど大学リーグだけで無く、東海ならプロ経験者もいる。柔軟に構えてよりいい育成環境を作っていって欲しいです。

明日はCUFC。ここも成長はしてますね。

 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR