緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

東海リーグ総括2017 その6 FC伊勢志摩

今日は伊勢志摩。昨日最後に「今年も厳しく書く」と書いた。
上を目指すと公言してる以上そうゆう姿勢で僕も挑む。では行きましょう。

3位 FC伊勢志摩

8勝1分5敗 勝ち点25

得点30 失点20

チーム得点王 村上図夢 5得点

2017FC伊勢志摩キーワード「歩留」


今期リーグ成績

vs常葉 3-0
vs岐阜 0-0△
vs鈴鹿 1-2
vs豊田 2-0○
vs中京 2-0○
vs刈谷 1-4●
vs東学 1-5●
vs常葉 5-1○
vs岐阜 3-0○
vs鈴鹿 1-3●
vs豊田 4-1
vs中京 3-0○
vs刈谷 2-1○
vs東学 2-3●
 
天皇杯予選
vs四日市大FC 2-0○
vs四日市 0-1●

全社三重予選
vs四日市 2-0○
vs鈴鹿 0-2●

全社東海予選
vs清水W 1-0○
vs東学 3-2○

全社本戦
vsT宮崎 0-1●

去年から順位は1つ上がった。勝ち星も1つ増やした。勝ち点も去年より上。
しかし、去年僕が目標設定とした「東海タイトル」「天皇杯代表」「鈴鹿or三重に勝つ」。どれ1つなし得なかった。
2年連続全社本戦出場は果たしたが2年連続初戦敗退。今年に関しては初戦がいきなり九州王者って不運は若干あったけど、全国を狙うのであればいずれ超えなきゃいけない壁。まだ壁を乗り越える地力が付いてないってのが現状での僕の評価です。


5敗の内訳が鈴鹿に2つ。刈谷に1つ。これはまだ許容できるが東学に2つ負け。しかもホームで5失点負け。この試合見てはいないがさすがにこの数字は許容しかねる。無得点試合は1試合のみではあったが失点20は優勝云々を語るには多すぎる。ハッキリ言って話にならん。優勝を目標にする以上失点の数は試合数を下回る数字が求められる。東海の場合は14以下。これを今年達成してるのは優勝した鈴鹿のみって事がそれを実証してる。チーム得点王が5点ってのはやや寂しい数字だが4点が3人。3点も1人。前だけで無く後ろの選手の得点も目立つ。つまり特定の個に頼ること無くチームで点を取る術は持っている。だからこそ課題となるのは「チームDF」になってくる。正直言ってしまうともう少しやれると思ってたしやって欲しかった。この数字は僕は物足りない。成長って意味では歩留まりしてるってのが否め無いです。

今年はホーム戦に行けなかったのでホームタウンの成長の方の進捗は正直わかんない。いい話も悪い話も伝え聞いてないので去年レベルは最低でもあったんだろうと思ってます。一番知りたいのは固有客層なんですけどねぇ…何があってもホームには来るって分母数。僕はこれがクラブの地力の1つのバロメーターにしてる。伊勢FVと松阪って観客席が乏しいor無いとこでのホーム戦しか現状出来てないけど国体スタジアムのリニューアルが終わり利用できるようになった。JFL以上となると伊勢志摩は現実的にここしか今は選択肢が無い。三重県のスタジアム事情のアレさは方々から聞いているがここを使わせて貰えないようではやっぱりこの先の事考えるとツラい。なのでまずは来年1つはここでやって欲しいってのがある。来年はW杯イヤーだし上手く絡めて南勢地区のサッカー人気の掘り起こしもしていく義務がある。まだまだ伸び代はあるはず。伸び代がまだあると信じている故の厳しい評価としました。来期も目標設定としては変えません。期待しています。

刈谷と鈴鹿の総括は後回し。先に2部の総括をしたいと思ってます。


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR