緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

一生懸命さが伝われば応援のしがいはあるんだ。

東海社会人1部リーグ 第11節


FC刈谷6-0芙蓉クラブ


得点者

刈谷 町田 篠川 大石×2 日下(直接FK) 中山


岐南の永楽の癒のPCで書いてます。


いいお湯でした・・・って前置きはいいね。


今日は刈谷とメドウのダブルヘッダーでした。


まずは刈谷の試合。


再三言ってるけど、MYFCを競り落とすには1つのやらかしも許されない刈谷。


今日の相手の芙蓉は2部落ちは時間の問題だが、教員クラブだけあって1つ1つのプレーは真面目だし技術そのものは決して低いクラブではない。焦点としては刈谷が何点取るか・・・でいいんだけど、芙蓉の真面目なサッカーは朝宮でみたマルヤス戦で十分好感を得るものだった。


メンバーは刈谷のみ。

GK梶川

DF森山 福田 小林 原賀

MF熊田 篠川 町田 日下

FW中山 加藤


中盤をダイヤに戻し、DFラインを弄ってきた。芙蓉相手なら地上戦セットでなくてもいいはず・・・?だったんだが単に調子いい組み合わせだったのかもね。


試合だが酷暑の正午KOでは運動量なんか期待できるわけでもないし、それを要求するのは鬼畜かド素人のどちらかだ。そうなれば普段どんだけ練習してるかの差がモロに出るのは必定。芙蓉の選手の技術は決して低くはないんだがチームとしての練習量なんかしれている。下手すればないかもしれない。試合は刈谷のペースで進む。


刈谷はもともとスロースターターだ。この間の矢崎戦はとうとう最後までエンジンはかからなく引き分けだったが今日は早い時間で町田が左サイドの裏を取り先制。これで大分楽になったのではないかな。先制に手間を取ればこないだのポカの再来だってありえん話ではないと思ってたからね。


試合自体は結局足の止まった芙蓉を後半になって交代で入った町田の2ゴールや終盤の日下のFK、中山の独走でのゴールで突き放して刈谷が危なげなく勝利を収めたのだがこの試合でも芙蓉の真面目さには触れておきたい。


芙蓉の登録メンバーは監督兼選手も含め14名だった。しかも1人はHTに血相変えて駐車場からベンチに走っていったので前半には間に合わなかったんだろう。少なくても前半にベンチにもいなかったのは確かだったしね。このこと1つ取ったって芙蓉が普段どんだけメンバー集めに難儀してるかはわかるもんだ。もっと知りたきゃ自分で芙蓉の掲示板探して見てください。


それでも一生懸命にまずは点をとるために一生懸命にプレーする姿自体はマルヤス戦で見た姿そのもなだったし、刈谷DFが暑さのせいか集中に欠ける姿が多かったのもあってあわやのシーンはそれ相応にあった。そんな姿を見たら、応援したくなっちゃうんですよ。僕って人間は。万が一に先に取れてたらわかんなかったなぁ・・・そんな試合だったと感じました。


同じ時間に藤枝であったMYFCvs中京大FCはMYFCが危なげなく3-0で退けたとしってあぁまぁそうだわな・・・と。MYFCをどうにかできるのは市役所と矢崎だけでしょうね。学生と芙蓉ではどうにもならないだろうなぁ・・・


とりあえず刈谷とマルヤスの優勝条件を記しておきます。


刈谷→(最終戦までMYFCが全勝って前提で)残り全勝。


マルヤス→MYFCが1敗1分以上した上で残り全勝。


そして刈谷とマルヤスは直接対決が残ってます。この試合に負けたほうが完全に脱落って考えていいでしょう。その試合は次節名古屋港であります。この試合は僕は必ず行くつもりでいます。




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR