緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

少なくても僕は納得してる。

J2リーグ第19節


FC岐阜1-1愛媛FC


得点者

岐阜 染矢(PK)

愛媛 福田(PK)


ひっさしぶりのJリーグ。この1ヶ月はどっぷり東海に浸かっていたのでスピードに目がついてくかなぁ・・・と少し不安も。ましてや昼に運動量に乏しい試合を見たばっかだから尚の事。


メドウには開門後少ししてから着いたがやはり気持ち暑さのせいか出足は悪い。


試合だが新加入の池上がボランチで先発。クレバーな選手なんで監督の要求事項はこなせるだろうけど、なんせ1年半ぶりかの実戦。90分持つとは考え難いし、菅をどのタイミングで入れるかなぁ?と考えてた。


始まってすぐに気付いたが愛媛のプレスの設定位置がやたら高い。この暑さであんなハイプレスではとても持つとは思えない。攻撃に関しては絶対的な決定力を持つ福田がいる分、エリア内で持たれたらアウトだ。ただ愛媛は早く福田に放り込むのではなく、必ずサイドを経由してくる分岐阜の守備も間に合った。


一方の岐阜。橋本×池上のボランチの組み合わせはいい。役割がしっかり分担されたてしそしてそれを両名とも遂行していた。特に池上は1年半ぶりの実戦と考えればもっとコンディションが上がってくればさらに上積みが期待できる。新加入の新井、そして菅とのポジション争いは相当に熾烈になると思われる。


前半の0-0は想定内だった。どっちかと言えば岐阜ペースだったので先制しておきたかったが。後半に入り、昨年もあった「夏の岐阜タイム」は必ず来ると確信はあった。ただそれが後半15分から始まってここで取れなかった。勝てなかった理由は僕はここだと思ってる。もっとも決定機自体は押谷の合わせたのくらいではあったんだが・・・


僕は全然思わなかったのだが主審に対する不満が相当あったようだ。メインで見てるのとバックでは視点が変わるので仕方ないんだが、僕の目には昨日の主審は基準の厳しさは感じたがミス自体があったとは思えなかった。少なくても双方のPKの判定は全く問題ないものだったぞ。


想定外だったのは「岐阜タイム」だけでなく、「愛媛タイム」が最後の最後にやってきたこと。しかもそれが悉く決定機に!ジョジマールのあまりの引きの弱さに助けられたがジョジマールの2つとバーに当たった1つ。普通ならアレは1つは入る。胸を撫で下ろしたのは僕だけはないはずだ。


結局今期初の引き分けになったが僕は結果内容共に納得はしている。向上の余地は感じたし、倉田さんの交代のメッセージにも昨日の試合に関してはハッキリ伝わってきた。成長はしてると思っていい。後は攻撃の際の細かいミスをなくすこと。トラップを結構狙われてたぞ。


とりあえず富山は行きません。来週は久しぶりにサッカー無しの週末になるんかな・・・?

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR