FC2ブログ

緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

勝ち点3に貴賤無し

東海社会人リーグ1部 第1節

鈴鹿アンリミテッドFC1-0矢崎バレンテ


※鈴鹿 藤田がイエロー2枚で退場。次節市役所戦停止。

得点者
鈴鹿 泉

ついに東海も開幕。忙しくなります。
宣言通りに昨年王者鈴鹿の開幕戦。そして三重県サッカー界喫緊の課題であるスタジアムに関する討論会。これら2つの目的の為刈谷をパスして湾岸走ってきました。

先週のヴィアティン戦が望外の出来の良さで圧倒しての勝利。この段階である程度完成しているのであればリーグ序盤での主導権は取れる可能性が高い。矢崎は去年2部で未見ではあるけど力の差はそれなりにあるはず。ならば勝つだけでなく中身も問うていかねばならない。数字も大事だけど中身をもう一度確かめたかった。






始まってすぐに矢崎の布陣見て!?ってなった。1トップの畑を残して9人が完全に引いて守る。力の差はあるとは確かに書いたし思ってたが初手からこれはちょっと想定外だった。ただ矢崎がその選択をしたのも無理はない。まずポストのネットを抑えられない。それが故にエフライン、泉、小西が前を向けるシーンが多くなるし、原や芦田も引き出せる。矢崎も人数を掛けて壁を作り跳ね返すが跳ね返しても前線の畑1人だけではどうすることも出来ずに和田、藤田の両ボランチの所で網に引っかかりそこから反攻されるって悪循環。これだけ人数かければ手は焼くだろうけど直に決まるだろうとは思っていたが先制は思いの他早く9分に。



矢崎守備陣はバイタル辺りまでは身体当ててきてたが深くなるとセットプレーやPKを恐れたか競り合えなくなる事があったがこれがその象徴たる失点。早い時間で鈴鹿が先制して気持ち的にかなり楽になったはずだった。

この日は東海地方全般で強風が吹き荒び何を血迷ったか半袖1枚で現地に向かった僕はこの時期でありながら寒さに震える有様。そして強風が吹き荒ぶって事は=浮き球での軌道変化が起きやすい。矢崎目線だとまともに攻めては取れそうになかったが長いボール、ハイボールで鈴鹿が目測しくじるようなポカが出れば可能性は生じる。それさえ起きなければ鈴鹿が失点するシーンは殆ど想像は出来なかったが事サッカーに置いて絶対は無い。2-0にすれば仮に紛れが起きて1失点しても影響は少ない。しかし1-0から紛れが起きて1-1になったらどうなるかわかったもんじゃない。それを避けるには早期に2点目を取って試合を楽にするのが一番早い。鈴鹿もそれは百も承知で攻め立てるが和田のシュートはポストに嫌われ、左から崩して後は決めるだけだった小西のシュートも枠を捉えず。前半はこのまま1-0。しかしながら「あの時2点目取れなかったのが・・・」になる可能性、危険性はそれなりに高いと感じた。ゲーム全体は完全に掌握していても肝心の得点が取れないと相手のワンチャンスで・・・って試合はどっかのJ2でも去年イヤほど見た。

一緒に観戦していた友人の他にも何人かと前半の感想戦をひとしきりしたが概ね全員同じ感想。とにかく一番怖いのは風でボールの行方がわからなくなって起きる事故。それさえ起きなければ鈴鹿の勝ちは動かないだろうってのがHTでの結論だった。

果たして後半。鈴鹿はHTで前半抜群の存在感を出していたボランチ和田を下げて北原投入。今年は東海は5人交代まで許されるので怪我かお試しか計りかねたが北原も昨年市原で活躍した実力者。大きな影響は無し。先に鈴鹿が北原を投入してさらにポストで機能していたネットからパブロにスイッチしてさらに前を意識した戦い方に。そして矢崎は60分を過ぎた辺りからガス欠の兆候が出て前線と最終ラインの距離がだんだん開きだして鈴鹿に多くのスペースを与えだして試合は完全に鈴鹿の一方的な物に。しかしながらこの日の鈴鹿はとにかく枠を捉えられない。崩してもダメ。ミドルもダメ。これでもかってくらい入らない。この流れは完全にあかん流れでさもすれば矢崎がワンチャンスをモノに・・・って流れだったんだけど矢崎も千概一隅の好機を逸していて万事休す。この日の鈴鹿は最後まで運が回らず藤田が終了1プレー前のファウルで2枚目を貰い退場まで喰らうと言うインケツぷりっで1-0勝利でありながら何とも締まりのない終わり方。勝つには勝ったし守備面での不安は殆ど生じなかったとは言えお世辞にも先週と比べたら褒めれる要素は皆無に近い。それでも勝ち点3って唯一にして絶対の成果だけは手にしたわけですが・・・

試合全体で見れば鈴鹿の勝ちは動かしようがなかった。しかし力量差からしたら2-0、3-0以上に出来たし少なくとも1-0では最低限以上の評価は出来ない。それでも取りこぼさないのは守備の基本軸がしっかりしてるから・・・なんですけどね・・・矢崎も力量差は否め無かったけどやれるだけの試合はしていました。数少なかったにせよ鈴鹿のミスから生まれたチャンスが決まっていれば・・・って試合でもありました。矢崎は現実目標は残留になるだろうけど粘り強い戦いをして勝ち点を積んでいって欲しいところです。試合後辛島さんと久しぶりに話せたけどまだまだっぽい表情に見えた。来週はいきなり結構な試練が待ってるけど1つ1つの試合を大切にして成長をして欲しいと思っています。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR