FC2ブログ

緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

意思の疎通

東海社会人1部リーグ 第7節

鈴鹿アンリミテッドFC2-1FC刈谷


得点者
鈴鹿 泉 小西
刈谷 藤本

6連勝の刈谷。市役所相手にスコアレスドローの取りこぼしはあれどここまで5戦全て無失点の鈴鹿。戦前の予想通り東海社会人の優勝争いをリードする両チーム。まだ折り返しではあるがここで刈谷が勝利をすれば鈴鹿は自力優勝に黄信号。ましてやホーム戦。絶対に負けられないのは鈴鹿。刈谷はここで鈴鹿を叩けば致命傷に近いダメージを与えれるし引き分けでも前期首位ターンは確実となる。試合の入り方の予想が立てにくいが圧倒的な差は出ないだろうって予想をしていた。






試合の入りは予想に反して鈴鹿猛攻、刈谷防戦一方。刈谷は右の長野を高く置いて攻撃時は後ろ3枚に近い布陣だったが1アンカー脇のスペースを鈴鹿に入り込まれ波状攻撃を浴び続けて最後はエリア内でクリア仕切れずに泉に押し込まれ失点。その後も鈴鹿の攻撃は続いたが藤沢のナイスセーブもあって追加点とはならず。



鈴鹿の猛攻を浴びて窒息寸前の刈谷だったがヴィラ監督がたまらず「引かずに前出ろ」ってジェスチャーで前に出ろって指示を送り、刈谷は徐々に戦線を回復して状況は五分かやや刈谷寄りの展開に。しかしここまで全て無失点の鈴鹿DF陣。中野裕を中心とした東海ナンバーワンの攻撃力を誇る刈谷OF陣の攻撃も跳ね返して来たが前半の終了間際にポストからコースが空いてしまい藤本のミドルを浴びてしまい同点に。この時の喜びようが前半でのそれではなく、いかにこの前半苦しい戦いだったかが伺い知れる物であった。



1-1でHT。戦況はほぼ五分。この時点では両軍に引き分けOKって選択肢はなかったはず。試合は必ず動く。ただどちらに傾くかはわからない。ただ鈴鹿は堀河、小澤と影響力の強い攻撃の駒を怪我で欠いている。刈谷はヴィラ監督の交代での修正手腕はこれまでの試合で実証済み。膠着したらしただけ刈谷に優位に働くと見ていた。しかしHTでの交代は無し。このまま様子見なのか打つ手をまだ見いだし切れてなかったか。しかし風上に立った刈谷は前半とは打って変わって攻勢に立ち鈴鹿を攻めるが今度は曳地の好セーブ等もあり決定打に至らず。そして打開を図るべく西原、河野、坂本と勝ちにいくべく中盤、前線とテコ入れを図るが攻め疲れも出だして鈴鹿が巻き返してくる。そして試合は終了間際になるまで進むがこの時点で刈谷のベンチの迷いが見て取れた。勝ちにいくべく戦力を投下したが打開は図れず。引き分けで良しとするか。それともリスクを負ってでも勝ちに拘るか。これは断言していいと思ってる。ベンチとピッチの意思疎通は噛み合っていなかった。正確に言えばベンチがピッチに意思を伝えきれてなかった。中途半端な迷いは死を呼び込む。等々鈴鹿はラストプレーで小西がゴールをこじ開け鈴鹿勝ち越し。そして間もなく終了。東海首位攻防戦はホーム鈴鹿が勝ちきって1試合少ないながらも失った勝ち点で考えれば首位ターン。後期に向けて取りこぼしを取り戻す大きな勝ち点3を得た。



先にも書いたが刈谷の敗因はこの試合に限ればベンチワークだ。個人的には引き分けOKのメッセージを伝えきれなかったのか、それとも全く頭にその選択肢がなかったかはわからない。ただシチュエーション、勝ち点差、東海での相手関係を考えればここは勝ち点1で鈴鹿の勝ち点を2つ削るって選択肢がなかったのであれば拙速としか思えない。あまりに攻撃的が過ぎたベンチワークだったと思う。とは言えこの先どちらも取りこぼしがないって前提で考えれば後期のウェブスタでひっくり返す事は可能だ。刈谷は鈴鹿以上に取りこぼしが許されない立場になったがまだ終わったわけでは無い。試合後にスタッフ陣がかなり時間を掛けて話し合っていたがこの試合の反省会であろう。しっかり意思の疎通を図るべく立て直して欲しい。

鈴鹿は先制後は苦しい試合運びだったが最後の決勝点で大きく状況を引き寄せる勝ち点3を手にした。どちらかと言えばクールな印象の辛島さんだったが小西のゴール時になんとピッチに入って抱きついてくる有様。あれ?そんなキャラだったっけなぁ・・・?と思ったが逆に言えばそのくらい嬉しいゴールであり勝利だったとも言える。これで優勝争いに大きなアドバンテージを得たがまだこちらにしても終わったわけではない。刈谷戦前に前期は取りこぼしがあったが後期はそれが命取りになりかねない。割って入ってきそうなチームが潰し合いや取りこぼしで脱落したので恐らくはこれでマッチレースになると思われる。つまりウェブスタ決戦になる可能性は極めて高い。もちろんその前にやらなきゃいけない、勝たなきゃ行けない相手はある。しかし決戦に向けて大きなアドバンテージを得た。連覇、そして悲願の昇格に向けてこの先もチームの練度を高めないといけない。

東海首位攻防戦は見応えある内容でホーム鈴鹿が勝利。しかし差はあったとは思わない。刈谷のベンチワークミスと鈴鹿のサポーターの熱量で勝ちきった試合だったと言える。ウェブスタ決戦になればこの熱量は逆転する。それでも鈴鹿が勝ちきるか。刈谷がひっくり返すか。いずれにしてもこの試合で優勝の行方は9割方決まると思う。その決戦を見逃す手はない。東海サッカーファンである以上は。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR