FC2ブログ

緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

うーむ・・・危惧はしてたんだが・・・

地域リーグやJFLってのはアマチュアリーグであって、プロクラブと比べて収入面で格差が出るのは仕方ありません。


けどJリーグを目指すにあたって、どうしてもアマチュアリーグを突破しないといけないです。FC岐阜も東海リーグ、JFLと突破してJ2へ駆け上がりました。


けど各地域、JFLを突破するにはそれ相応の人材が必要ですしそのためにはそれ相応の資金を必要とされます。そして収入に限りがあるアマチュアクラブでそれ相応の人材を揃えると大抵予算をオーバーしてしまいます・・・


今年僕の中で「相当勝負張り込んできたなぁ・・・」と感じた地域クラブが3つあります。


1つは東北の福島ユナイテッド。


もう1つは北信越のAC長野パルセイロ。


最後は東海の藤枝MYFC。


特にMYFCに関してはここでも散々書いてきました。収入に対してそこまでの選手揃えて大丈夫なのか!?って点でね。それはもちろん上記の他2クラブに対しても同じこと。


そんな中とうとうSOSを出してきたクラブが・・・


8月半ばで10月に資金ショートの可能性を出してきたってのは岐阜の経験からすると遅過ぎる。せめて6月くらいならとは思ったが、アテにしてたスポンサーが捕まらなかったか人件費がかさんだかのどっちかなんだろう。


1000万円って金額は地域リーグで集めようと思ったら容易い金額では決して無い。しかもおよそ1ヶ月半でとなると・・・見通しはどっちか言えば暗いんだろうなぁ・・・


とりあえず全社は降りたほうがいい・・・福島-山口の移動費や滞在費はバカにはならん・・・天皇杯は補助が出るからいいが・・・


ただし東北リーグは落としてはならない。これを落として地決への道がなくなったらほぼ詰みだ。特に福島県は「前科」のある数少ない県だ・・・


夢半ばで散ったクラブを僕はいくつか知っている。福島にその轍を踏んで欲しいなんて思ってはいない。あの手この手で金策に走ってきたが、現場や選手の士気のケアだけは絶対に怠ってはいけない。ましてや遅配、無配なんか言語道断だ。


この先どうなるかは僕は福島の内情を知らないからわかんない。けどどうなったかの結果が福島のサッカーに対する愛情値ではないのかな?と思う。見通しは暗いが行く末は見守っていきたい。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR