FC2ブログ

緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

東海育ちのキッツい恩返し

明治安田生命J3リーグ 第14節

アスルクラロ沼津1-1FC岐阜


得点者
沼津 渡邉
岐阜 富樫

藤枝と沼津は東海リーグ時代に色々と見てきて藤枝に至っては地決突破のその瞬間も生で見ていて「わしが育てた」的な気持ちも耳かき程度は持っている。沼津は東海優勝することなくエクスパンションで東海を無理矢理脱出したが東海リーグ育ちにはなんら変わりはない。

その2チームのアウェイ戦2つ。負けと限りなく負けに等しい引き分け。大した恩返しを喰らったわけですが…

なめてんのか?J3を。スポンサーを。サポーターを。

YS戦でも書いたがこのサッカーの中身で本気で帰れる思ってる岐阜サポなんかもう希少だぞ。僕だけの話じゃない。まだかろうじて勝ち越し状態でこそあるが1つ間違えば負け越しも十分あるでしょう。そのくらいには現況に危機感は持ってます。この試合にしても失点がセルフジャッジで勝手に脚を止めて撃たれるって東海リーグでやっても罵倒しか待ってない失態。そして失点の焦りから失笑すら出来ないクソにもならない精度を欠いたパスミスの連続…

本当にサッカーでメシ食わせて貰ってる自覚あんの?理想と現実の乖離に戸惑ってるのはわかるけども。最早この中身で昇格云々を語る資格はないでしょう。コロナ渦でない平時であれば交代論一択です。ですがこの状況下で監督交代は相当にリスクが高い。そもそも呼べる保証もないし恐らく悲しいかな木村統括にそんなアテもコネもないでしょう。(ないから素人にも見透かされるゼム監督だったわけですから)

待っている未来は極めて暗いと言わざるをえません。分配金1億ダウン。現有戦力の維持も絶望的。それでも僕は岐阜サポなんです。こんな厭世的な後ろ向きな言葉は使いたくないんです。それでも現実を無視した事は書けないし書きたくないんです。光が見える試合をしてください。そして目標を優勝、昇格とクラブが吐いた以上は僕はこれからもそれに見合った当たりをしていきます。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR