緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

守壊 

東海社会人1部リーグ 第6節


FC鈴鹿ランポーレ5-FC刈谷


得点者

鈴鹿 伊藤兄 OG 中村 中川 矢野

刈谷 大石×2


鈴鹿と刈谷。ストップMYFCの一番手二番手と思われていたが現在は足踏み状態の2チーム。しかも両チームとも前節は4失点の大敗。ここで敗れれば優勝どころか残留争い突入となってしまう。どちらも上を目指すと公言してる以上残留争いなぞ許されないのだが・・・そんな崖っぷち対決は石垣池で行われた。


鈴鹿

GK水谷

DF曽根 大久保 原 木下

MF村田 関 伊藤弟

FW伊藤兄 中村 矢野


刈谷

GK園田

DF酒井 川上 小林 西原

MF庄司 福谷 高橋

FW中山 鈴木 北野


どちらも4-2-1-3を採用してきた。鈴鹿は右SBの村田をボランチに。左SBの曽根を右に回し左は本職の木下を入れてきた。刈谷は前節の布陣がわからないが本来主力のはずの斎藤や大石がベンチ外だったりサブだったり。大丈夫かなぁ・・・とは思ったのだがそれは早くも的中する。


開始5分ほどで左サイドで得た鈴鹿のFK。曽根の蹴ったボールがゴール前でこぼれて伊藤兄がうまく体勢を作って蹴りこみ鈴鹿が先制。鈴鹿は今期ホーム初ゴール。数百人程度はいたであろう石垣池のスタンドが沸き返る。刈谷は前節もセットプレーで早々に失点したらしいのだが入り方に問題あるのかなぁ・・・


どちらも中盤を薄くして前線を厚くしたせいのだろうか前線からのプレスを交わせば即ゴール近くまでというシーンが多かった。特に刈谷はスペースを取るのが上手い中山が前に運んでいくのだが鈴鹿も最終ラインが凌ぐ。後から知ったのだが中山はシュート0だったのか。もっと積極的に撃って欲しいシーンがあったのだが。


少し大味気味な試合展開だったが鈴鹿に追加点。左CKを曽根が上げて大久保のヘッドが誰かに当たってインゴール。アナウンスは最初は原だったがどうやら刈谷のOGだったらしい。これで2-0。刈谷はこれで苦しくなる。前半で2点ビハインドを負っては気持ちが前に行ってしまうのは仕方ないのだがそれでは相手の思う壺。酒井の裏を矢野に抜けられて低く早いクロスを中村に合わせられて3-0に。絵に描いたような素晴らしいショートカウンターが炸裂して前半で試合の大勢は決してしまった。刈谷はここで大石を投入するが怪我だったのかな。本来なら頭で使わないといけない選手なんだけど・・・結局前半は3-0で終了。


前半で大差が付いたがまだ後半の次の1点をどちらが取るかでまだわかんないなぁと言う空気を感じた。理由は鈴鹿の中盤の守備が緩く感じたから。中山と大石を泳がせて早い時間に刈谷が先に点を取ればまだ望みはあると感じていた。逆に鈴鹿はあと1点取れば確実に詰みに出来ると。3点差はセーフティリードだが2点差はワンチャンスだ。4点差つければもう間違いない。したがって次の1点の意味は大きくなるのだが・・・それはアッサリと鈴鹿に入った。中村が負傷で退き急遽中川を投入したのだが刈谷がクリアがもたついた所を中川が奪い間髪いれずにシュート。これが刈谷の選手に当たってループ気味になってゴールに吸い込まれる。中川はこれが初ゴールだがスタンドのサポーターの前でバク転のパフォーマンス。これでさらにスタンドは沸き返る。


ここで試合は膠着気味になるのだがやや刈谷ペースになっていく。去年のマルヤスも同じことがあったのだが大量リードを奪ったら集中が切れ気味になるのは仕方ないのかねぇ。そうこうしていたら水谷とDFの連携が乱れて大石が蹴りこみ刈谷も1点を返す。これが中川のゴールより先なら面白いことなったと思ったのだが。


この後も鈴鹿はなぜか水谷を下げてGK交代をするのだが変わった池田も実は同じようなミスを犯し再び大石にゴールを許している。GKとDFの連携ミスでの失点はMYFC戦でもあったのだが今日はそれで2失点。鈴鹿はこれは反省材料とせねばいけない。結局ロスタイムに先述の大石とまたもカウンターから曽根のクロスを矢野が頭で合わせて5得点を奪った鈴鹿がホーム初勝利を大勝で飾った。


総評するとそこまで大差のつくような差はなかったはずだ。力量さも組織力もだ。けど実際は大差がついている。鈴鹿はシュート16本で5得点なのだがそれだけ鈴鹿の引きも強かっただけでなく、刈谷が楽に決めさせるような守備しか出来なかったのかなぁ・・・って思いもある。刈谷はこれで2試合で9失点。完全に守壊だ。守備で勝ち点を拾わないといけないチームがこれでは・・・試合後の刈谷サポも少しささくれていたのだがそうなる気持ちも理解できる。なんとか立て直さないと次のMYFC戦は悲惨なことになりかねないのだが・・・一方の鈴鹿。今日はスクールの子供らやその親御さんらで石垣池のスタンドはかなり埋まっていた。そんな中でセットプレーやショートカウンターやらでいろんなゴールシーンを見せれたのはプロデュース視点で言えば大成功だっただろう。ただ課題が解消されたわけではないし2位に浮上したとは言えMYFCとの勝ち点差は「6」だ。これでは優勝争いとは言えない。もう喰らい付いていく以外ない。次のマルヤス戦だけでなく全試合トーナメントくらいで臨む必要がある。


試合後に双方のサポと色々話したがどちらも大きな後ろ盾のない市民クラブとしての辛さしんどさを感じずにはいられない内容だった。こうやって頑張ってる選手の子等が報われて欲しいと感じずにはいられない。そのために結果が必要なのも理解はしているのだが・・・

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR