緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

ミッション=降格圏脱出

東海社会人1部リーグ 第10節


トヨタ蹴球団1-1マルヤス工業


得点者

蹴球団 深江

マルヤス 日下(PK)


※蹴球団杉本が一発退場。刈谷戦出場停止。



GREEN-WIND

GREEN-WIND

名古屋の練習グランドから坂を上って上りきったところが普段東海リーグで使われる人工芝コート。河岸を変えての変則ダブルヘッダー第2弾は東海1部ボトム対決。どちらも勝てば降格圏脱出。ドローなら仲良く降格圏ってさながらデスマッチの様相漂う一戦となった。


蹴球団

GK北川

DF深江 杉本 秋山 杉山

MF増田 深谷 鈴木 佐口

FW宮田 好未


マルヤス

GK木下

DF成瀬 大下 山村 稲熊

MF松下 日下 片山 杉山

FW築館 平野


試合はマルヤスペースで進んでいく。久しぶりの出場となる片山、エースとなりつつある築館を中心に蹴球団ゴールに迫るが蹴球団も北川、杉本が中心となり決定的なピンチを許さず、逆に宮田を中心にカウンターでマルヤスゴールを襲う。こちらは闘将山村が多大なコーチングでマルヤスを組織立てて大きな破綻は見せず。ところが蹴球団のCKから縺れたところを深江が押し込みというか触れたら入っちゃったって感じで蹴球団先制。
GREEN-WIND

GREEN-WIND

GREEN-WIND

これで焦るのはゲームを支配してたマルヤス。右の片山に偏重しがちだったが左の稲熊も積極的に攻撃参加をしだす。前半終了間際に左からあがったボールを杉本が手を出してしまい一発退場でPK献上。このPKを日下が決めて同点に。前半はこれで終了。


GREEN-WIND

杉本が非常に効いていた中この退場はかなり痛い。後半はマルヤスペースになるはず。蹴球団はFWを下げるかどうするか見物だったが増田を1列下げて4-3-2に。マルヤスは後半開始早々から片山の右からの突破でチャンスを再三作るのだがどうにも詰めが甘く勝ち越せない。それどころか蹴球団の逆襲を浴び出し試合は白熱しだす。どちらかと言えばマルヤスのほうがチャンスは多かったのだが2回ほどあった決定機も詰めきれず試合は共倒れのドローで終了。どちらもよい内容だったのだが成果としては・・・って試合になってしまった。


この試合はどちらもGK、DFの頑張りが目立つ試合だったと思う。双方からMOMを出すなら蹴球団は好セーブを連発した北川。マルヤスは90分鼓舞し続けた山村だった。どちらも降格圏から抜け出すチャンスだったのだがどちらの守備陣もそれを許さないとばかりの頑張りを見せていた。この頑張りを残り試合でも見せれば残留はかなうと思うのだが・・・


どうでもいい話だがこの試合の主審はどちらの選手とも信頼関係築けてなかったですなぁ・・・前半だけでイエロー3枚にレッド1枚。杉本の赤は妥当だったがイエローは全部それで出すぅ?って感じの出し方。カードで試合を仕切りたいって意図が見え見え。幾度と愛知協会の審判はヘタクソが多いと書いてきたが今日もご多分に漏れず・・・って印象でしかなかった。選手のレベルに対して審判のレベル向上のスピードはどう考えても遅い。何かと割りに合わん仕事なのは理解してるが審判のレベル向上も日本のサッカーレベル向上には欠かせない。地域リーグだからって言い訳は通らない。選手は上を目指すために必死なんだから審判だって上を目指すために必死に技術向上に励んで欲しい。





コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR