FC2ブログ

緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

東海の扉は簡単ではないんだぜ?

東海社会人トーナメント1回戦


アスルクラロ沼津5-1NK可児


FC川崎1-0静岡市役所清水


愛知学院大学に久しぶりに行って参りました。この時期のサッカー観戦は寒がりの僕にはキツいですねぇ・・・誰だ、この期に及んで秋春制なんて与太こいてるのは。ぜってー無理だっつーの。選手もツライが客が先に音をあげるっつーの。まぁいいや。2試合見てるんで両方の試合を簡単に。


【第1試合】

沼津が可児を圧倒して前半だけで試合を決めた。

4-4-2のフラットな中盤で手数をそれほどかけずに前に前にと進む沼津に対して、FC岐阜にも在籍してた後藤、加藤と元J1経験者2名を中心とした4-3-3の可児。試合の序盤の序盤は可児が個々のスキルの高さもあって試合を押し気味に進めたがカウンターでの沼津の右からのクロスがそのままゴールに吸い込まれて沼津先制。

可児はこれだけでもう集中が切れたのか以降は沼津のサンドバックに。そこからはもう酷いもんだった・・・象徴したのが最終ラインでキープしてたDFが人工芝に脚を取られてボールロストしてそのまんま独走かまされての3失点目。全体的に可児のDFは集中に欠けてた気がする。可児も監督が試合中にシステム変更したりDFの配置替えたりと打つ手は打ったがもうチームとしての練度の差は如何ともならず。前半だけで5-0はさすがに全く想定外だった。ベンチに戻る可児の選手から「ギブアップ」とも取れる言葉が聞こえた時点でこの試合は見切った。

後半はいつもの観戦メンバーとダラダラと見てたが沼津も後半は明日のことが気になったかピリッとしない内容で終了間際に可児の怒りの一撃を浴びて結果5-1。どうもこういった試合は静岡県リーグでも散見されてたようで明日に向けて集中を取り戻すことが肝要になると思う。

可児に対しては色々と言いたいことはあるけど結局この言葉に集約されちゃうから一言だけ。

「きちんとチーム全体でこの試合に向けて準備してた?」

絶対してないだろ。それを裏付ける言葉いくつか聞こえたぞ。申し訳ないが試合前のアップの風景だけで「あ、こりゃ可児勝てんだろな・・・」って感じはあった。繰り返すがそれでもさすがに前半だけで5-0は想定外だった。可児に関しては上手い選手は多い。けどチームとしての精神面が成熟しない限り東海の扉は開けれない。よしんば開けれても1年でお帰りになるのが目に見えてる。今シーズンはその面の成長を期待したい。


【第2試合】

第1試合があまりに大味だったせいかこの試合はいくらかしまってマシな試合になった。川崎は可児と違ってこの試合に向けての準備がきちんと出来てた感じで試合前の空気も硬すぎず緩すぎずで悪くない。もし川崎まで可児みたいな薄ら寒い試合したら隣の体育館の女子バレー見に行ったろうかしらんと考えてたが相当の実力差がない限りは大丈夫かな・・・って感じはあった。

試合開始からずっと試合を支配したのは川崎。FC岐阜にも在籍してたFW岩田を中心にピッチを広く使って静岡市役所に迫るが静岡市役所もしっかりとブロックを作って対応。そこからカウンターを狙うが守備に重きをおいてるせいか枚数不足で迫力がない。川崎も川崎でゴールに迫れどツメが激甘で前半はスコアレス。押し気味に進めてツメが甘いせいで取りこぼす試合ってのは過去に嫌ってほど経験してるが今日の川崎もそのパターンにハマる要素は十分過ぎるほどだった。

それは後半に入っても同じで脚が止まりだした静岡市役所に対してほぼ一方的に攻め立てるがもうサイドを捨ててゴール前を固める静岡市役所をどうにもこじ開けれない。そろそろどうにかせんと危ないだろ・・・となった30分くらいにCKからニアに飛び込んでボレーで合わせたゴラッソで川崎がようやく先制。選手の喜び方を見てもどれだけこの1点が意味を持つかがわかってるようだった。この後最後の力を振り絞って討って出た静岡市役所の攻撃で完全にGKも動けないシーンがあったのだがシュートがゴール上に外れてそのまま時間切れ。川崎が逃げきって東海復帰にあと一歩と迫った。

沼津も静岡市役所も震災の影響で静岡県リーグが延期になってたせいかオフがほとんどない状態でこの大会に挑めたのはむしろ好影響だったかもね。けどきちんと準備してた川崎が地力で上回っていたと思う。明日の相手は愛知1位のFCゴールになったが今日みたいな試合にはならないだろうなぁ・・・東海2部から落ちて1年での復帰を狙う本田鈴鹿をボコったようなんで攻撃力はあるんだろうな。けど岐阜県のチームに少しでも上を目指して欲しいので川崎にはぜひとも東海復帰を果たして欲しいんだがなぁ。明日も楽しみです。


んで明日の東海参入決定戦の組合せ


マインドハウス四日市vsアスルクラロ沼津


FCゴールvsFC川崎


第1試合がどっちも水色。第2試合がどっちも濃い青をチームカラーに。見難くてすいません。奇しくも各県リーグ1位が勝ち上がってきました。復帰を狙う四日市に川崎。未開の地へと挑む沼津にゴール。東海の扉を開けれるのはそれぞれの勝者2チームのみ。



追記

港サッカー場でのツイッター速報をしてくれたTAGさんナカニシさんありがとうございました。おかげですぐに状況を把握出来ました。情報社会の発達に感謝。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR