FC2ブログ

緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

愛三岐 東海三国志

J1J2の人事は一通り落ち着いたと思います。ここからはJFL、そして地域リーグのクラブの人事が始まってくる時期です。


残念ながら嶋田と野本はJクラブでの再出発って可能性は殆ど消えてしまったと思います。キャンプや練習参加で滑りこむ可能性もゼロではないんでしょうけど・・・ですので彼らが再びピッチに立つとしたらこのカテゴリーになる可能性が高いと思われます。ですので彼らの去就が気になる岐阜サポの皆様は各地域の有力どころクラブにアンテナ張っておくと吉かもね。当然JFLもだけど。


そして当然ながら東海リーグのクラブもボチボチと補強の準備に入ってきます。特に刈谷がすごく積極的ですね。既にご存知のように鈴鹿からGKの水谷を。四日市大学から国立沸かせたドリブラーの松葉を。そして国体を控えている岐阜セカンドからCBの東間を獲得。大きな特徴として眼下の敵からこいつ抜いたらキッツいわぁ・・・って選手をしっかり引き抜いてる点。特に東間には驚きました。去年マルヤスが刈谷から日下を引きぬいた時にも書いたのですがこの引き抜き方は補強と同時に相手の戦力弱化に繋げているので効果としては二重なんですよね。引き抜かれた2チームは水谷、東間以上の選手の補強を強いられることになるけどこのカテゴリーにおいてそれは決して簡単な話ではないわけでして・・・


去年の地域決勝でMYFCが東海を卒業したことで今年の東海リーグに関しての僕の方針はある程度きまりました。それは「東海三国志構想」。愛知の刈谷。岐阜のセカンド。そして三重の鈴鹿。今年の東海を制すのはほぼこの3チームのどっかって言い切っていいかなと今は考えてます。もちろん市役所、矢崎の静岡勢。巻き返しを誓うマルヤスに中京大学勢も黙ってはいないんでしょうけど。リーグとしての勝ち点差は去年みたいな独り旅にはならないでしょう。だけど優勝は先述の3チームのどこか。最終節まで縺れたりするかもね。


岐阜トップの日程にも左右される部分はあるんだけど基本的には東海リーグの観戦はこの3チームを中心に回すつもりでいます。現時点での予想では中京大での開催は増えるだろうなぁとも。ヘタすれば毎週毎週中京大通いだってあり得ない話ではない。どっかで必ず静岡にも行くつもりではいますけど基本はあくまで刈谷、セカンド、鈴鹿。特に直接対決は優先姿勢で挑むつもりです。このブログでも東海各クラブの人の動きがわかったら書いていくつもりです。けど刈谷と鈴鹿以外は難儀するだろうなぁ・・・

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR