緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

PKのち雷雨

天皇杯愛知予選準決勝

FC刈谷0-0中京大学サッカー部
(PK5-4)

001.jpg

先ほど帰りました。全く酷い目に遭った…

今日は天皇杯の愛知予選。瑞穂北は逃げ場ないんで不安な空の下では勘弁して欲しかったのですが朝はいつもの夏空。それなら装備はいらんと軽装で行ったがこれが甘かった…とにかく刈谷vs中京大の件を。

刈谷はシステムを替えてきました。


ご覧のように3-4-3。
002.jpg
しかしSHがSbの2名なのでズルズル下がっての5バックになりゃせんか?って危惧はあった。そうなったら袋叩き必至なんで。征矢と小林がどこまで高い位置を維持出来るかが今日の試合の肝になるかな?って見てました。

対する中京大ですが岐阜サポにはこの人くらいかねぇ…
004.jpg
須崎はCBで頑張ってました。まだ3年なんで来年の今頃は進路決まってればいいんですが。

試合なんですが4-4-2で左サイドを多用する中京大の攻めを刈谷が堪えてカウンターって図式だったんですがどちらも精度に事欠く有様で前半はグダグダな両軍のまま終了。これはでも想定内だった。暑いもん。後半勝負なのは目に見えていたんでどっちが先にネジ巻くかな?と思っていたがどうにもどちらも前半よりはマシって程度の上げ具合でしかない。そんな中でも刈谷は3バックと水谷が自作自演のシーンもあったが体を張って守ったのもあって中京大から得点を許さない。しかしこの中盤構成ではどうしても前へのサポートは薄い。長いボール蹴って3トップに丸投げではそりゃ無理があるってなもんでして。結局刈谷は大きな見せ場なく90分終了。試合は延長線。
014.jpg

90分観た限りでは中京大はまだラスト1発分くらいの燃料はある気がしたが刈谷はもう歯磨き粉の最後の一絞り程度の燃料しかないぞ…って感じだった。したがって刈谷勝ちの条件はPK突入だけだろうと。けど今日の中京大の攻めならPKは十分考えられる。基本的に走れてなかったもん。どっちも。

案の定試合はPKまで突入して全員決めた刈谷に対して4人目がバーに当てた中京大。刈谷が辛勝で決勝へ進出した。
020.jpg
急造3-4-3でどうにか守りきった刈谷だがゾーンを捨てたってことだわな。対人守備が基本の3バックでしたし。一定の守備力はつくだろうけど。これ攻撃に結びつけるのは結構大変だぞ。特に主砲の大石いないと機能するとは考え難い。事実今日の攻撃はロングボール一辺倒の夏にも関わらず寒い思いするそれでしたし…全社バージョンなんかねぇ。東海の残りもこれで行くのかな。ちょっとわかんないです。

んで第2試合のマルヤスvs愛知学院ですが…

結論から言ったら中止です。理由は雷雨。

第2試合のアップ中に突如として強い雨と雷鳴に襲われました。考えれる限り最悪の展開でした。1時間以上転向の回復を待ちましたが回復の兆しはなく14時半過ぎに中止決定。代替日程は即座にわかりました。このようになります。

8月21日(火)

マルヤス工業vs愛知学院大学
@愛知学院大G 19時KO


平日ナイターです。日程上しかたないですね。会場も2日前で取れるわけないですし…この措置は正しいと思います。少なくても試合強行はあり得ない状況でしたんで。とりあえずずぶ濡れで帰ったんでさっさと風呂行く事にします。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR