緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

真夏の消耗戦

天皇杯愛知予選決勝戦

FC刈谷1-1マルヤス工業
(PK4-3)


得点者
刈谷 東間
マルヤス 日下(PK)

東海4県で一足早く天皇杯出場を決めたのは刈谷でした。

TVで見てた人もいえうだろうけど簡単にレビューを。





刈谷がシステムを4-5-1に替えてきた。マルヤスも中盤の並びを微妙に替えた。どっちも相手を意識してたのかな。なんせ今年だけで4回目の対戦だもんなぁ…

試合前に思っていたことはこんだけ。

1 マルヤスは火曜の愛知学院戦は省エネで戦っていて消耗は少ない。

2 刈谷の3バックは多分ない。ただ大石も多分ムリだろう。

3 選手はともかく刈谷サポのマルヤスアレルギーは結構なもの。払拭するには勝つ以外ないけど…

4 マルヤスは相当の社員動員が予想される。変に硬くならんといいけど…

このだけで4だけは想定以上の数がいた…冗談抜きで1000近くいたぞ…この数が常時東海で来たらとんでもないことになってしまうが…

試合ですがマルヤスは絶対90分で勝ちたかったんだろうなぁ。なんだかんだで火曜戦った影響はあったんかも。従来後半型のチームなのに入りからガシガシ点を取りに行ったのはスタミナに不安あった証拠だったと思う。ところが今日はいつものパスワークに陰りがあって単純なパスミスも結構目立つ。インサイドに移った杉山が怒涛の運動量で仕掛けて来たがいつもの2列目の飛び出しの切れも足りない。

ただ刈谷も阪本1トップはねーだろ。叩く事は出来ても収まる訳ないでしょうに。ロングボール一辺倒の眠たいサッカーを繰り返して前半は最後にマルヤスが惜しいシーンを見せたくらいでスコアレス。

後半は刈谷が最初にペースを掴んだんだけど攻撃のカードではなくCBの東間を投入。小林が怪我したとかではなかったはずだけど。これがドンピシャで当たってCKのこぼれからヘッドで押し込み刈谷先制。マルヤスも当然点を取りに行くんだがここでアクセル入れすぎたかな…築館が単騎で突破してPKを奪って追いついたまでは良かったけどここで既にガス欠起こしてる選手が結構いたから…時間が経てばたつだけマルヤスの消耗は激しくなって延長に入った時点でマルヤスの勝率は激しく落ちていたのは確かだった。

結果PKで刈谷が勝ったわけだが…水谷がPKを止めたのを見たのが岐阜時代から遡っても初めてだった事。PK戦は日下と田中が水谷に止められたんだが日下が失敗したのも初めて見たかもしれない。

これで刈谷が天皇杯出場なんだけど、初戦の相手は高確率でツエーゲン金沢。
このブログ読む人ならピンとくるはず。そう。2009年のあの入替え戦の対戦カードだ。
あの時のメンバーが全員いるわけではない。けどサポは違うだろうなぁ。しかも勝てば福井でとは言っても名古屋が相手だ。色々期する物あるだろうなぁとうっすら思うのです。そう言う意味では今日勝ったのは刈谷でよかったのかもね。

明日は東海残りの3つの代表も決まります。カードはこの通り。

【岐阜】
FC岐阜SECONDvsFC川崎
@メドウ 15時KO

【三重】
FC鈴鹿ランポーレvs四日市中央工業高校
@鈴鹿SG 13時KO

【静岡】
藤枝MYFCvs浜松大学
@草薙球 14時KO

明日は鈴鹿に行くつもりです。来週はどうしようかなぁ…事と次第によってはとうryも頭にはあるんですが…
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR