緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

まだ続く。これからも続くこの因縁。

天皇杯三重県予選決勝

FC鈴鹿ランポーレ2-3ヴィアティン桑名


得点者
鈴鹿 原 伊藤
桑名 ドグラス×2(1PK) エフライン・リンタロウ

東海4県の決勝カードで一番魅力を感じたのが因縁の三重クラシコ。鈴鹿vs桑名。去年から公式戦は1勝1敗。春は鈴鹿が1-0勝ち。さてここはどうか。桑名は今年未見だったのでどんなサッカーするかもわかんないので楽しみに鈴鹿まで走ってまいりました。





※桑名のJ所属経験者 和波 加藤 飛騨 坂井 ドグラス (サブで)リンタロウ

DF4人中3人が元J。1人が外国人。地域1部でもそうそうねぇぞ…こんなチーム…構図としては地上戦特化型の鈴鹿とゴリ押し空中戦の桑名かな?って入りの印象。ただ桑名は190cm超えのドグラスの頭一本ではなく、2トップの相方坂井が鈴鹿DFを突っついてくる。そこから2列目が絡んで飛騨と和波のオーバーラップを引き出してくる。鈴鹿は鈴木を中心に2列目が飛び出す形を作ろうとするが経験値の高い加藤に高さが図抜けてるジブリンが簡単に跳ね返す。むしろ前半は桑名が坂井や荒木に裏を突かれるシーンのが印象に残ったくらいだ。どちらかと言えば桑名ペースだったけどだんだん鈴鹿が押し戻して言って前半終了。全くの互角。

HTでの印象は「チーム全体の総合力は鈴鹿。ただ桑名に明確な高さってストロングポイントがあるんでセットプレーを連続で与えたら遠からずやられるだろうなぁ…」と。前半でもドグラス、ジブリンを狙った飛騨のプレースキックは鈴鹿を脅かしていましたし。後半に入っても試合の構図自体は変わんなかったんだけど、試合を動かしたのは鈴鹿の主将原の地を這うミドル。思わずイーグルショット!と実況してしまったような弾道は岩谷動けず。これで鈴鹿が先制。これで鈴鹿優勢か?と思ったが桑名はイエローを貰ってた坂井をアッサリ下げて土屋を投入。これが大正解で左から土屋が相手に切れ込みグラウンダーのクロス。これをドグラスが左足ボレーで合わせて同点。割合アッサリと追いついて鈴鹿の優位性はなくなって試合は桑名が再度押し戻す形に。鈴鹿は司令塔の鈴木を下げて谷山を投入。2列目の並びが右から谷山、伊藤、青島に。恐らくはパスよりも伊藤のドリブルや切れ込みのが有効と見たんでしょう。ただこれが機能しきったかと言われるといささか微妙か。結局90分では決着つかずに延長に。

延長開始とツイートしようとしたら主審がPKのジェスチャー。指されたのは鈴鹿側のペナルティスポット。桑名のPK。申し訳ない。これは完全に見落としました。ただ鈴鹿の選手がさほど抵抗してなかったので諦めつくPKだったのかな…?これをドグラスが決めて桑名が勝ち越し。ところが鈴鹿も折れること無く取り返しに挑んで、伊藤が単騎駆けを決めて前半で追いつく。これでもう完全にわかんなくなったのだがどちらも足が止まりだして蹴り合いの様相に。延長後半でリンタロウを投入して勝負に出た桑名。鈴鹿はまだ1枚残してる。ここでHTに呟いた予感が的中…FKのハイボールをリンタロウが競り勝ってそのままゴール。これで桑名再度勝ち越し。鈴鹿も伊藤、北野を中心に必死に取り戻しに戦うも桑名も足を攣りながらジブリンが跳ね返したりでシュートまで持ってけず。等々時間切れで天皇杯三重決勝は延長の末に桑名が初の代表と相成りました。

試合後に鈴鹿サポと食事してから帰ってきたんだけど、その時には言わなかった事を今ここで。
「県1部が地域1部を力づくで捻じ伏せたって事実は結構重い」。
競り勝った、走り勝ったではない。力づくで捻じ伏せたって言葉が一番僕はしっくりと来る試合でした。チームの総合力は鈴鹿のが上って印象に変わりはないから余計に重い。しかも120分全体で見てもどっちが上位カテゴリーか?と問われても「同じでしょ?」って回答が一番多いんじゃないか?ってくらいの互角の試合をした。おそらく桑名は今年の東海トーナメント(三重開催なんで色々とフラグもあるんだが…これは機会あれば書く)も大本命。東海2部に上がればここもおそらく1年通過。鈴鹿がカテゴリーで優位性を示せる残り時間はあと2年しかない。鈴鹿はなんとかして先に全国に行かないと飲み込まれても不思議ではない。(合併は絶対あってはならない。)悠長とはしてらんないよ?

ただこの対決は今後も続いて欲しいなぁと思える試合でした。去年の成人病なりそうなくらいしょっぱかった試合とは段違いだったと思います。鈴鹿も桑名も。願わくばこのライバル関係が全国でも続きますように。そう、信州ダービーの如く。


思ってたより正直というか…



先日の準加盟見送りに関しての公式会見動画が鈴鹿の公式で上がっていた。

肝心なとこはぼかして応援支援お願いします的な内容かな?とおもったけど現状至らない部分が何かもきちんと公表した姿勢は評価していいんじゃないかな?と思います。

ただねぇ…至らない点って殆ど全部じゃん…中日新聞の記事で年間予算3000万ってなってた。動画にもあるけど準加盟申請した中では最下位だったとか。そりゃそうだろ…プロ選手雇うことなんかこの予算じゃ無理でしょう。当座のこの部分の目標つか必達事項は倍到達。つまり最低でも6000万。これでもプロは雇えて各ポジション1名ずつかな…レンタルって手もなくはないけど。

次は常勤スタッフ。4人で3人は実質現場人。クラブの金庫番って事務局長になるんかな?会見では倍にしたいといってたが8人でも厳しい気するがなぁ…特に常勤営業は絶対必要だと思うのです。現場よりも事務型のマンパワー不足を感じました。

地域連携ですがこれは可視的な数値ってわけではないからなぁ。要は鈴鹿に、三重県にJを!って機運なんだろうけど確かに石垣池でもガーデンでもこれは足らない感じた。白子駅や平田町駅でビラ撒きを選手ら有志でもしてるって話ですがこれだけでは限界がある。市役所と商工会議所ですね…一番手早く人を確保するんであれば。ただこっちは結果もある程度問われるが、結果だけでは見向きもされない。機運を高めるには人一倍の努力が必要なんだと思います。

おそらくJからの評価は「現状落第」でしょう。門前払いにならんかっただけでもマシですよ。岐阜が準加盟取った時は確か当時の福島が門前払いでしたから。「ヒントもチャンスもあげる。だからもういっぺん出なおして来い!」って感じじゃないかなと個人的には思ってます。正直この組織形態でよく申請出したなぁ…とも思うのです。出したことでJ側からアドバイスもらってフィードバックする目的もあったんでしょうけど。

予算の件に戻すけど、予算必達6000万は「カテゴリー問わず」ですから。仮にマルヤスを最後差して地域決勝勝ち抜いてJFLなんであれば予算は3倍だ。それでも多分それだけではJ3ライセンスもらえないと思いますよ。

おそらく鈴鹿は3連勝して29まで持ってく以外連覇は厳しいと思います。1引き分けで最大27止まりでは多分優勝不可。マルヤスは「28」までは持ってける思ってます。去年と状況はさして変わらんからやれんことはないでしょう。明日辺りもう一度残り6チームへの優勝への道筋をまとめようかなと思ってます。

三重の正統は…

おいおい、ヴィアティンに先手打たれてるぞおい。

鈴鹿は記憶が正しければ三重協会の支援は去年の地域決勝前に取り付けてるはず。しかし三重県、鈴鹿市の支援を取り付けたって話は見た覚えも聞いた覚えもない。

このままなら三重の正統なJ挑戦者はヴィアティンってことになりかねない。鈴鹿はなにしてたんだ?って話になるが先日の騒動もケリつけれんようではなぁ…選手の士気にかかわらなければいいんだけど。

ちなみに日曜はまだ決めてません。来週はトヨスポと決めましたが。この件もあるんで気持ちは若干柳川瀬に傾いてますが…

鈴鹿の方々へ

明後日の蹴球団戦。曇り予報ですが降水確率50パーとなってます。

確か鈴鹿は豊田サブの試合は初めての少し案内を。

1 サブグランドだ。屋根?んなもんあるかい。カッパ持ってきたほうがいいよ。

2 すぐ北側が高校。しかも住宅地なので多分鳴りもんはNG。

3 ここの芝をそのまま隣に移植するだけあってピッチはいいぞ。

4 車は隣のデカイ方の駐車場に停めればOK。

5 段幕貼るスペースは殆どない。貼るなら工夫して貼ってね。

6 観るだけなら絶好の場所があるけど応援となるとなぁ…

こんなとこですかね。選手にはいいけど観る側には結構厳しい環境かも。
僕はここで雨観戦の記憶がない。行くたんびに焦げそうなくらい暑かった覚えしか無い。だもんで天気悪い時どうなるかはなんとも言えないなぁ…繰り返すけどピッチはいいはず。結構ボール走るかもね。

愛知の全社の刈谷戦見た限りではこないだの沼津戦のパフォーマンスでは苦しい気がするけど鈴鹿はあくまでも「王者」だ。王者は王者の戦いが求められる。万が一ここで負けたら2節にしてはや終了になりかねん。そうならないような試合を望みます。


鈴鹿の例の騒動

あっという間に日本中のサッカーファンにこの騒動が広がってしまったようで…

鈴鹿の中の人もこんなしょーもないことで日本中の耳目に晒されるなんて本意でもなんでもないでしょうに。

公式は未だ沈黙。そらそうだわな。この件を公式が出す時は「全て片付いた時」だけでしょう。それがどのような形でケリがつくのかは全くわかりませんが。

前も書いたけどこの件についてはわからんことが多すぎる。したがって僕からどうこうは現時点でなし。ただ12日までにケリつけないとまずいだろうな…ってのだけは言えますが。

そんな鈴鹿は12日に新たに東海1部の門を叩いたアスルクラロ沼津をホーム鈴鹿に迎えて開幕です。雑音は結果で振り払う以外に無し。ここでやらかしたらもう知らんぞ。

こんな形で東海リーグが注目されるのは僕だって本意でない。どうにかいい形で決着付いてほしいけで難しいかもなぁ…時間的にも感情的にも…

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR