緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

東海リーグニュース2017 Vol21

タイマンサバイバルレースに刈谷が先に脱落してしまい鈴鹿が今週優勝にリーチを。さぁ一発でツモれるか。まずは結果を。

【1部】

ChukyoUnivFC4-2東海学園FC

CUFC OG 川縁 小松 開発
東海学園 沓名 吉川

鈴鹿アンリミテッドFC3-1FC岐阜SECOND

鈴鹿 冨士 江頭 エフライン
セカンド 石川

FC刈谷1-2FC伊勢志摩

刈谷 伏木
伊勢志摩 飛騨 村上

  試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
鈴鹿アンリミテッド 12 10 1 1 33 9 31 24
FC刈谷 13 9 3 1 33 14 30 19
FC伊勢志摩 13 8 1 4 28 17 25 11
ChukyoUnivFC 13 7 1 5 25 22 22 3
東海学園FC 12 4 1 7 21 26 12 -5
トヨタ蹴球団 12 2 3 7 20 27 9 -7
FC岐阜SECOND 13 1 4 8 11 31 7 -20
常葉大浜松FC 12 1 2 9 11 36 5 -25


※2部で試合が予定されていた矢崎vs織機は台風の影響で中止延期。代替日は10月8日で会場は藤枝市民の予定です。

では今週の話。冒頭に書いたように鈴鹿が優勝に王手を掛けました。昨日も書いたけど優勝の為の条件を整理します。

鈴鹿 勝ち点31 残り2試合 H刈谷 H常葉
刈谷 勝ち点30 残り1試合 A鈴鹿


鈴鹿はまず今週勝ちor引き分けなら文句なしで決定。問題は負けた場合。この場合、刈谷33、鈴鹿31となり鈴鹿の最終戦前に順位は入れ替わります。そして鈴鹿が最終戦の常葉に負けor引き分けの場合、鈴鹿の勝ち点は32までなので刈谷が逆転優勝となります。
つまり刈谷の優勝条件は鈴鹿に勝ち、尚且つ常葉が鈴鹿に勝ちor引き分け。
ということになります。結構に高いハードルと言っていいでしょう。それでも刈谷にまだメが残っている以上刈谷は最終戦を全力で戦う義務がある。そして鈴鹿はその手負いの刈谷に勝てないようでは…なんです。優勝争いの件はここまで。では今週のカードを。今週は優勝決定戦以外にもリーグの大一番になる試合が随所で行われます。試合は全て日曜日。1部も2部も全チーム登場の全8試合。カードはこうだ!

【1部】

9月24日(

FC岐阜SECONDvsトヨタ蹴球団
@岐阜フットボールセンター 11時KO

東海学園FCvsFC伊勢志摩
@東海学園三好 11時30分KO

ChukyoUnivFCvs常葉大浜松FC
@中京大 14時KO

鈴鹿アンリミテッドFCvsFC刈谷
@AGF鈴鹿 15時KO


【2部】

9月24日(

豊田自動織機vs中京大FC
@織機大府 11時KO

長良クラブvs名古屋SC
@岐阜フットボールセンター 13時30分KO

藤枝市役所vs矢崎バレンテ
@藤枝市民 14時KO

TSV1973四日市vs春日井クラブ
@四日市中央緑地 14時KO


今週は色々と結果によって生じる状況が変化します。今週の結果によって発生する状況を整理します。

セカンドvs蹴球団→蹴球団は引き分け以上で残留決定。セカンドは勝たない限り7位以下確定。

東海学園vs伊勢志摩→伊勢志摩は引き分け以上で3位確定。

CUFCvs常葉→常葉は勝利以外残留の道は無し。

鈴鹿vs刈谷→鈴鹿は引き分け以上で優勝決定。


四日市vs春日井→四日市は勝てなかったら7位以下確定。

そして確定事項にはならないので割愛しましたが2部の事実上の優勝決定戦となる志太榛原ダービーも見物です。
で…僕の行き場所ですが…まだ決めてません。100パーセントAGFのつもりでしたがちょっと迷ってます。ひょっとしたら笠松→長良川かさもすれば東員での三重vs岡崎って選択をするかもしれないです。土曜まで考えます。それでは今週末もサッカーと共にある週末を。それでは。

「その日」は今日だった。

東海社会人1部リーグ第13節

FC刈谷1-2FC伊勢志摩


得点者
刈谷 伏木
伊勢志摩 飛騨 村上

来週の直接対決を前にどっちも「負けは即死」状態でのチキンレースの様相を出していた東海1部。
昨日1試合残りの多い鈴鹿がセカンドを下して勝ち点を31に伸ばしている。試合前の段階での最大勝ち点は刈谷36。鈴鹿37。ただし鈴鹿vs刈谷の直接対決が残っているので刈谷はこの伊勢志摩戦、そして鈴鹿に勝てば3連覇。この段階ではまだ優位な立場は刈谷だった。迎えるは水が開いてるとは言え3位の伊勢志摩。全社、国体を控えていて状態は上向き。地力の差は若干まだあるが油断は出来ない相手のはずだった…





開始から刈谷が攻勢に。伊勢志摩が守備時は5バック気味で中盤はある程度放棄気味にして引いてきたので刈谷は中盤からパスを回して剥がしに掛かるが伊勢志摩の身体張ったDFに持てはせれど撃ちきれないどっかのJ2みたいなサッカーを展開。そうこうしていたら目慣れしてきた伊勢志摩も徐々に攻めれるようになり前半半ばで試合は動く。



シュート自体は事故だった。けどその前のプロセスですよね…そしてミスにミスが重なって追加点は伊勢志摩に…



あまりに軽率。あまりに酷い。これで刈谷は勝つには3点が必要に。こうなると多少なりリスクを負う必要が生じるがそうなると裏のスペースを溝田に狙われる。それでも刈谷は前半の内にリスク上等で攻めに人数を割いてサイドアタックから1点を返す。



これで前半は1-2の折り返し。しかしこのHTでの僕の感触は「このまま逃げ切りは伊勢志摩は多分出来ない。時間にもよるが刈谷は追いつけば捲れる。」だった。逃げ切りは厳しいと感じた根拠は伊勢志摩の可変式3バックが機能してたとはあまり感じなかった事。特に守備時の5バック状態から攻撃時の4バック状態に切り替わるときのスムーズさに欠けてた点。そして刈谷の終盤での勝負強さ。伊勢志摩は勝つなら3点目を取らないと…ってのが僕の考えだった。

後半始まって刈谷が攻めるのは当然分かっていたこと。しかし伊勢志摩の攻めへの切り替えが前半以上に鈍い。率直に言えば3点目を取る意思は感じさせない流れ。これは普段僕が見るチームのいつもの負けパターンに近づいてねぇか…?とも。後半は刈谷は持てど攻めれど決定打無し。伊勢志摩は後半シュートゼロで穴熊決めきって逃げ切り勝ち。刈谷、ついに今期リーグ初黒星で鈴鹿に首位献上。これで最終戦を前に自力優勝消滅って痛恨の事実を突きつけられる結果に。

明日また書くけど状況はこうなってます。

鈴鹿 勝ち点31 残り2試合 H刈谷 H常葉
刈谷 勝ち点30 残り1試合 A鈴鹿

刈谷の最大勝ち点は33。鈴鹿は37。刈谷が33到達=鈴鹿は最大34なので刈谷が最終戦勝利の場合は鈴鹿は最終の常葉戦は勝ち以外ダメ。直接対決が引き分けになった場合はその時点で刈谷31、鈴鹿32となるので鈴鹿の優勝が決定。極端な話、鈴鹿は刈谷に負けてもOKの形です。その場合常葉戦は必勝条件となりますが。

刈谷について。
率直に言います。今年のサッカーの内容でよく今まで無敗でこれてたな…ってのが偽り無き思いです。2月の全社予選で消えた際は今年は鈴鹿vs伊勢志摩の2強じゃねぇか?と思ったくらい。リーグが始まったら個々の地力もあって勝ち点を積んできたけど蹴球団、CUFCと取りこぼし、鈴鹿相手も青息吐息のやっとのドロー。仮に東海取っても昇格候補に推せるだけの強気な材料は用意出来ない…と思ってました。そしていつかやらかすだろう…とは思ってたけどそれがついに今日だった…って結論になっちゃうんです。負けた理由?岐阜の試合見てる人ならすぐわかる思いますよ。最後の引き出しの無さ、足り無さ。これに尽きます。このサッカーで勝ちたいんなら引き出しをある程度監督からも伝えないといけない。それがあったかは甚だ疑問。負けるべきして負けた試合だったと思うのです。

伊勢志摩について。
シーズン終了後にまた総括出来れば…と思ってますがやっぱり地力としてはまだ全国云々とまでは行かないし届いてない…ってのが変わらない気持ちです。試合後に選手捕まえたので「HTにチームとして3点目狙いに行く意思はあったか?」と質問しました。回答は「優先はあくまで無失点でした。」穴熊で逃げ切れる自信がある程度あったのかな…刈谷レベル相手にこうやった逃げ切りが成功できるのであれば全社でも劣勢が予想される初戦のテゲパジャーロ宮崎戦でも同じような展開に持ち込めるかもしれない。チーム、クラブが一変する切っ掛けってのは些細な事。1つの勝利どころか1つのゴール、さもすればプレーで変わる事だってある。その切っ掛けが残り1試合、そして全社で発生してくれれば…と思ってます。

明日は仕事です。東海リーグニュースは夜更新になると思いますのでご了承ください。

東海リーグニュース2017 Vol20

JFLに行ったので先週は東海リーグ観戦は無しでした。ではまず結果から。

【1部】

東海学園FC3-1トヨタ蹴球団

東海学園 丸山 月岡 金田
蹴球団 岩田

FC岐阜SECOND1-4FC刈谷

セカンド 石川
刈谷 中野×2 藤本 森崎

常葉大浜松FC1-3鈴鹿アンリミテッドFC

常葉 佐藤
鈴鹿 泉 近藤 パブロ

FC伊勢志摩3-0ChukyoUnivFC

伊勢志摩 村上 飛騨 溝田



  試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
FC刈谷 12 9 3 0 32 12 30 20
鈴鹿アンリミテッドFC 11 9 1 1 30 8 28 22
FC伊勢志摩 12 7 1 4 26 16 22 10
ChukyoUnivFC 12 6 1 5 21 20 19 1
東海学園FC 11 4 1 6 19 22 12 -3
トヨタ蹴球団 12 2 3 7 20 27 9 -7
FC岐阜SECOND 12 1 4 7 10 28 7 -18
常葉大浜松FC 12 1 2 9 11 36 5 -25


【2部】

春日井クラブ2-2長良クラブ

春日井 平山 福井
長良 小寺 西沢

豊田自動織機2-5藤枝市役所

織機 野口×2
市役所 後藤 村松×2 平×2

  試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
藤枝市役所 11 10 1 0 36 11 31 25
矢崎バレンテ 11 9 2 0 40 5 29 35
名古屋クラブ 12 6 1 5 28 31 19 -3
中京大FC 11 4 2 5 31 24 14 7
豊田自動織機 11 4 1 6 20 26 13 -6
長良クラブ 11 3 1 7 12 35 10 -23
春日井クラブ 11 2 2 7 18 38 8 -20
TSV1973四日市 11 1 2 9 19 34 5 -15


今週の話。1部が土曜2試合日曜1試合。2部が日曜に1試合となってます。カードはこうだ!

【1部】

9月16日(

ChukyoUnivFCvs東海学園FC
@中京大 11時KO

鈴鹿アンリミテッドFCvsFC岐阜SECOND
@AGF鈴鹿 15時KO

9月17日(

FC刈谷vsFC伊勢志摩
@ウェーブスタジアム刈谷 14時KO


【2部】

9月17日(

矢崎バレンテvs豊田自動織機
@裾野 14時KO


去年一昨年くらいの僕なら土曜は中京大~港のハシゴも敢行出来たししてたんですけどね…正直体力の劣化が隠せません。土曜は港のJFL、岡崎vs浦安の予定です。日曜は間違いなくウェブスタです。それでは今週もサッカーと共にある週末を。それでは。

東海リーグニュース2017 Vol19

9月に入りリーグも佳境に。2部は早くも昇格レースに決着が。では結果から。

【1部】

鈴鹿アンリミテッドFC5-0東海学園FC

鈴鹿 芦田 OG×2 冨士 藤田

FC岐阜SECOND4-1常葉大浜松FC

セカンド 木田 石川×3
常葉 児玉

トヨタ蹴球団1-4FC伊勢志摩

蹴球団 成田
伊勢志摩 村上 飛騨 森 溝田 



  試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
FC刈谷 11 8 3 0 28 11 27 17
鈴鹿アンリミテッドFC 10 8 1 1 27 7 25 20
FC伊勢志摩 11 6 1 4 23 16 19 7
ChukyoUnivFC 11 6 1 4 21 17 19 4
東海学園FC 10 3 1 6 16 21 9 -5
トヨタ蹴球団 11 2 3 6 19 24 9 -5
FC岐阜SECOND 11 1 4 6 9 24 7 -15
常葉大浜松FC 11 1 2 8 10 33 5 -23

得点ランク
中野 刈谷 10
柿本 鈴鹿 6
平山 CUFC 6
堀河 鈴鹿 5
成田 蹴球団 5
真野 刈谷 4
飯嶋 伊勢志摩 4

※CUFC平山は既に登録抹消済

【2部】

藤枝市役所4-0長良クラブ

市役所 林内 鈴木 高橋祐×2

矢崎バレンテ7-0TSV1973四日市

矢崎 石垣 大村 嶋中 畑×3 坂田


豊田自動織機2-0名古屋SC

織機 野口×2



  試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
矢崎バレンテ 11 9 2 0 40 5 29 35
藤枝市役所 10 9 1 0 31 9 28 22
名古屋クラブ 12 6 1 5 28 31 19 -3
中京大FC 11 4 2 5 31 24 14 7
豊田自動織機 10 4 1 5 18 21 13 -3
長良クラブ 10 3 0 7 10 33 9 -23
春日井クラブ 10 2 1 7 16 36 7 -20
TSV1973四日市 12 1 2 9 19 34 5 -15

この結果、2部は矢崎バレンテ藤枝市役所サッカー部の1部復帰が内定しました!
ド本命扱いされていた両チームですが共に無敗での復帰内定。共に名門、最強公務員と肩書きを持つ静岡の両チーム。1部での戦いに期待したいと思います。

今週の話。
今週は1部が日曜に4試合。2部が日曜に2試合となってます。カードはこうだ!

【1部】

9月10日(

東海学園FCvsトヨタ蹴球団
@東海学園三好 11時30分KO

FC岐阜SECONDvsFC刈谷
@岐阜フットボールセンター 12時KO

常葉大浜松FCvs鈴鹿アンリミテッドFC
@有玉 12時KO

FC伊勢志摩vsChukyoUnivFC
@伊勢フットボールヴィレッジ 15時KO


【2部】

9月10日(

春日井クラブvs長良クラブ
@織機大府 11時30分KO

豊田自動織機vs藤枝市役所
@織機大府 14時KO
12

ではこの節での結果次第によって起こりえる状況を書いていきます。

【1部】
刈谷vsセカンドで刈谷勝利→伊勢志摩、CUFCの優勝可能性消滅。
蹴球団vs東海学園の勝者→セカンド、常葉共に負けの場合1部残留確定。蹴球団vs東海学園が引き分けの場合どちらも残留確定にはならず。


【2部】
春日井vs長良で長良勝利→四日市の7位以下が確定。


今週来週はJFLに行くつもりでいます。東員での三重vs八戸です。来週は港の岡崎vs浦安。ちょっと情報入手が怖い試合もなくはないけどまぁなんとかなるでしょう。というか何とかします。それでは皆様サッカーと共にある週末を。それでは。

怒声ステレオサウンド



東海社会人リーグ第11節

トヨタ蹴球団1-4FC伊勢志摩


得点者
蹴球団 成田
伊勢志摩 村上 飛騨 森(FK直接) 溝田

優勝の望みは数字上あれど現実味は既にない伊勢志摩。未だ降格の影はあれど残りの相手的には比較的恵まれてる蹴球団。
さもすれば消化試合っぽいイメージになるがまだ何も決まってない以上消化試合はあり得ない。そんな中残暑厳しい中京大での一戦に行ってきました。





どちらも開始からプレスがうまくかからずにゴール前に運ぶシーンが増えるが最後の一線は割らせないって展開。若干蹴球団が3バックの脇を突いてのサイドアタックからチャンスを作るシーンが目立ったが大岩根が立ちはだかる伊勢志摩ゴールを割れない。東海リーグウォッチャーならみんな知ってる大岩根はノッてくればプレーにも口にもエンジンが掛かってくる。相当に怪しい自作自演のファインセーブもあってだんだん絶口調に。こうなるとだんだん流れが伊勢志摩に流れていって一瞬の隙を突いて裏を取った村上に先制を許すと完全に伊勢志摩ペースに。そしてその流れを活かして飛騨がドリブルからの華麗なループで0-2に。しかし前半終わり間際に蹴球団の反撃で裏を奪われるとなぜか大岩根が大飛び出し。それを吉田に交わされ万事休すとなったが後詰めが間に合い吉田も詰め切れず最後は大岩根のセーブ。このさっき以上に怪しい自作自演セーブで前半終了。

正直0-2とはいえ伊勢志摩DFの不安定さを見ると蹴球団が先に1-2にしたらどうなるかわかったもんじゃない。さすがに0-3にすれば詰むだろうけど…と思い後半へ。伊勢志摩は最終ラインがダメ。蹴球団は中盤の守備が全くダメ。そして奥村が必要ないファウルで与えたFKをFKの名手森が豪快に決めて0-3。これで勝敗の流れはほぼ決した。そして途中出場の溝田もコーナーから決めて0-4にしたが蹴球団も途中出場の成田の怒りの左が炸裂したが時既に遅しで試合は1-4で終了。どっちも相当に守備の不出来が目に付いたけどチャンスをしっかりモノにした伊勢志摩に軍配は上がりました。

さて表題の件。大岩根がやかましいのは東海ウォッチャーならみんな知ってる事だけど今日はそれ以上に中田一三監督の怒声が四六時中響いていたわけで…中田監督が黙ってりゃ大岩根。大岩根が黙ってたら中田監督。まさに怒声のステレオサウンドが響き渡っていたわけで…もっともその怒声もそら出るわなぁ…となるくらいには伊勢志摩の守備はお粗末な部分目立ちましたけどね…蹴球団の敗因はそこに付け込みきれなかったって事一点。布陣見ても相当攻撃的な布陣だったし先手取って傘に掛かりたかったのが不発に終わったかなぁ…って印象です。お目当ての新戦力は今日はメンバー漏れしてたけどまだ絞れてる印象無かったなぁ…間に合うのかなぁ…伊勢志摩は守備の整備が緊急課題レベルだと思います。少なくともこの出来では全国レベルでは厳しい。あと1回は伊勢志摩見れそうだけどどこまで修正出来るかなぁ…それが全社の結果に直結すると僕は思ってます。

蹴球団は…残留「だけ」ならどうにかなると思います。問題は未来にどう繋ぐか?じゃないかなぁ…
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR