緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

東海リーグニュース2017 Vol5

魔日程が発動されてここからは全日程終了まで全て「暫定」順位になる東海リーグ。なんか今週もガッツリ魔日程のようだけど…
その前にまずは先週の結果を。

【1部】

FC伊勢志摩2-0トヨタ蹴球団

伊勢志摩 石場 飯嶋

東海学園FC1-2鈴鹿アンリミテッドFC


東海学園 吉川
鈴鹿 柿本×2

常葉大浜松FC0-0FC岐阜SECOND


※セカンド 山本がイエロー2枚で退場。鈴鹿戦停止。



試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
鈴鹿アンリミテッド 4 4 0 0 7 2 12 5
FC刈谷 3 2 1 0 9 2 7 7
FC伊勢志摩 4 2 1 1 6 2 7 4
ChukyoUnivFC 3 2 0 1 6 4 5 2
常葉大浜松FC 4 1 1 2 2 9 4 -7
東海学園FC 4 1 0 3 6 8 3 -2
FC岐阜SECOND 4 0 2 2 2 7 2 -5
トヨタ蹴球団 4 0 1 3 3 7 1 -4


【2部】

名古屋SC4-2豊田自動織機

名古屋ク 征矢×4
織機 野口×2


春日井クラブ0-9中京大FC

中京大 堀内 斉藤 千石 杉山 平野 高津×3 佐藤


試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
藤枝市役所 3 3 0 0 9 3 9 6
中京大FC 4 2 1 1 16 4 7 12
矢崎バレンテ 3 2 1 0 13 1 6 12
名古屋クラブ 4 2 1 1 9 10 7 -1
豊田自動織機 4 2 0 2 12 10 4 2
長良クラブ 3 1 0 2 4 14 3 -10
TSV1973四日市 3 0 1 2 3 6 1 -3
春日井クラブ 4 0 0 4 4 22 0 -18


少しずつ1部も2部もスタートダッシュ成功失敗の色が濃くなってきたけどその中でも際だって春日井の出遅れが気になります。いくらなんでも開幕4試合で22失点は…

はい、今週は1部は1試合のみです。2部は3試合組まれています。試合は全て日曜日になります。カードはこうだ!

【1部】

6月4日(

ChukyoUnivFCvsFC伊勢志摩
@中京大 14時KO


【2部】

6月4日(

中京大FCvsTSV1973四日市
@中京大 11時KO

長良クラブvs春日井クラブ
@岐阜フットボールセンター 11時30分KO


名古屋SCvs矢崎バレンテ
@織機大府 14時KO


土曜は長良川です。日曜は中京大ですが2部の試合行くかどうかはまだ決めかねてます。気持ち的には7-3で1部の試合だけにするつもりでいますが…それでは皆様。サッカーと共にある週末を。それでは。

結果と中身が伴わずとも

東海社会人1部リーグ 第4節

東海学園FC1-2鈴鹿アンリミテッドFC


得点者
東海学園 吉川
鈴鹿 柿本×2

5年ぶりに訪れた東海学園大。あの時はマルヤスvs沼津での来訪だったが今回はその東海学園大FCでのホームゲーム。
あの駐車場からの坂、あんなキツかったっけ…?これも年を取ったって事なんだろうか…

先週セカンドを倒して1部初勝利の東海学園。刈谷戦ではリトリートからのカウンターで先制に成功も無念の逆転負け。僕の予想は東海学園はホームでも籠城戦を選択で乾坤一擲の一撃に賭ける…だったんだけど…





予想は外れた。東海学園は真っ向勝負の野戦を選択して鈴鹿との力勝負を挑んできた。同じ4-4-2の2ボランチで戦う両軍。鈴鹿の方がSBを高く上げていたので東海学園はそのスペースを突いてサイドから仕掛けるも中央の藤井と高野がシュートを許さない。一方の鈴鹿もラインを高く保つ東海学園の裏のスペースを突いて決定機を作ったがシュートはMYFC特指の大澤がしっかりストップ。膠着しかけたが鈴鹿は前半の内にサイドアタックが実り先制に成功。前半を0-1で折り返す。

後半風上に立った鈴鹿は追加点を狙って攻勢に出る。それが実って左からのクロスを柿本が押し込んでこの日2点目。勝敗はほぼこれで決したが東海学園は諦めず仕掛けてそれが鈴鹿のミスを呼んで交代出場の吉川がDFを振り切り独走で決めて1点差に。しかし時既に遅しで鈴鹿逃げ切り。開幕4連勝となりました。

鈴鹿は伊勢志摩戦同様に終盤でミスから失点。これはかなり心証が悪い。それならまだ崩されて失点の方がマシだ。岐阜の時にも同じ事を書いたけど勝ってるからよいで済ませていい話では無い。ミスをするのはある程度仕方ない。しかしミスを想定してそれを防ぐことは完璧では無いにせよ出来ない話では無い。そこの部分の甘さを治せないと肝心なとこで痛い目に遭うぞ。東海学園は討って出てくるのは想定してなかった。恐らくだけど安原さんが「やれるだけやってみろ」的に送り出したんじゃないのかなぁと。刈谷戦、この鈴鹿戦を見た限りでは東海学園の残留ってのは不可能なミッションでは無いと感じた。久しぶりの東海1部の新勢力。思う存分戦って欲しい。

とりあえず鈴鹿は要反省。先にも書いたがこのままではいつか痛い目を見るハメになる。そうなることは誰も望んではいないはずなんだけど…

東海リーグニュース2017 Vol4

1部も2部も土つかずは既に僅か1つのみ。果たして止めるのはどこか!?まずは全結果。

【1部】

鈴鹿アンリミテッドFC2-1FC伊勢志摩

鈴鹿 近藤 堀河
伊勢志摩 大野

FC刈谷6-0常葉大浜松FC

刈谷 中野×2 真野×2 内田 佐々木

トヨタ蹴球団2-3ChukyoUnivFC

蹴球団 吉田 川上
CUFC 辻 平山 小松

FC岐阜SECOND2-4東海学園FC

セカンド 小木曽 古市
東海学園 上田×2 喜築 金田


試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
鈴鹿アンリミテッド 3 3 0 0 5 1 9 4
FC刈谷 3 2 1 0 9 2 7 7
ChukyoUnivFC 3 2 0 1 4 2 6 2
FC伊勢志摩 3 1 1 1 4 2 4 2
東海学園FC 3 1 0 2 5 6 3 -1
常葉大浜松FC 3 1 0 2 2 9 3 -7
トヨタ蹴球団 3 0 1 2 3 5 1 -2
FC岐阜SECOND 3 0 1 2 2 7 1 -5


【2部】

藤枝市役所5-1名古屋クラブ

市役所 森川 鈴木×2 高橋祐×2
名古屋ク 酒井

矢崎バレンテ5-0春日井クラブ

矢崎 津野 畑×3 紅林

中京大FC5-1長良クラブ

中京大 水島 平野 佐藤×2 石川
長良 曽根

TSV1973四日市1-3豊田自動織機

四日市 高野
織機 本田 野口 菊池



試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
藤枝市役所 3 3 0 0 9 3 9 6
矢崎バレンテ 2 2 1 0 13 1 7 12
豊田自動織機 3 2 0 1 7 10 6 4
中京大FC 3 1 1 1 7 4 4 3
名古屋クラブ 3 1 1 1 5 8 4 -3
長良クラブ 3 1 0 2 4 14 3 -10
TSV1973四日市 3 0 1 2 3 6 1 -3
春日井クラブ 3 0 0 3 4 13 0 -9


さぁ、今週より東海名物魔日程発動!

1部は今週は3試合です。CUFCvs刈谷は8月に組まれてます。2部は2試合です。四日市vs矢崎、長良vs市役所は7月に組まれてます。なので今週は計5試合。カードはこうだ!!

【1部】

5月27日(

FC伊勢志摩vsトヨタ蹴球団
@松阪総合運動公園 14時KO


5月28日(

東海学園FCvs鈴鹿アンリミテッドFC
@東海学園三好 11時30分KO

常葉大浜松FCvsFC岐阜SECOND
@有玉 12時KO


【2部】

5月28日(

名古屋クラブvs豊田自動織機
@織機大府 11時KO

春日井クラブvs中京大FC
@織機大府 13時30分KO


土曜が仕事なので松阪は無し。今週は東海学園です。観戦環境に関して不明瞭な点が多いので、この試合に足を運ぶ予定の鈴鹿サポの皆様は恐らく鈴鹿公式から何らかのアナウンスがあると思われますのでその指示に従ってください。この会場に関しては正直僕もどうゆう観戦環境になるか予想が付かないんです。くれぐれも大学施設を間借りしてるって事をお忘れ無く。

それでは今週末は東海学園でお会いしましょう。皆様、サッカーと共にある週末を。

その壁、未だ高く険しく。

東海社会人1部リーグ 第3節

鈴鹿アンリミテッドFC2-1FC伊勢志摩


得点者
鈴鹿 近藤 堀河
伊勢志摩 大野

先日の全社三重決勝は2-0と鈴鹿の完全勝利と言って差し障り無い内容だった。
そこから約1ヶ月でその差が埋まるかどうかは正直疑問符が付いたが伊勢志摩目線で言えばいつまでも三重の先輩に未勝利のままでは未来は絶対に開かない。それが出来るか否かがこの試合の僕の焦点だったんだけど…


20170521090335914.jpg



20170521090340283.jpg

試合は開始早々から鈴鹿が3バック攻略の定石であるWBとストッパーの脇のスペースを攻め、伊勢志摩の守備陣にボディブローを浴びせ続ける。そして今日は左MFに入った堀河を伊勢志摩守備陣がどうにも止められない。一方的に攻撃を浴びせ続けて奪ったCKから伊勢志摩がマークを剥がされてあっさり鈴鹿先制。


伊勢志摩も反撃に転じたいところだがボールを奪っても攻撃に転換することが出来ない。鈴鹿の中盤、守備陣のチェックが速く、セカンドボールを全く物に出来ずボールに触りたいが故に頼みの溝田もサイドに開き過ぎてしまい逆に深澤の蓋をしてしまって攻撃が機能不全に。前半はスコアこそ1-0だったが数字以上のワンサイドゲームで鈴鹿リードの折り返し。

とてもじゃないが伊勢志摩は「このまま」では取れる可能性はほぼゼロ。何らかのテコ入れをしないと無理だろうってのが前半での結論。4バックにして鈴鹿の攻撃に対して対処をするか前線の入替をするかくらいしか思い浮かばなかったが伊勢志摩はHTで飛騨を投入して溝田を左FWに位置変更。これで反撃に転じようとしたのだが後半開始早々に準備しきれないまま入った隙を堀河に見逃されず鈴鹿に追加点が。



2点差は危険と言うが前半の出来を顧みるにこれで勝敗は9割方決した。あとは鈴鹿が点差を拡げれるかどうかだけになったんだが後半の伊勢志摩は前半になかったサイドチェンジを使い出した事で少しずつ鈴鹿守備陣を押し込めるように。しかし決定的なシーンまでは鈴鹿もさせない。伊勢志摩は早め早めの選手交代で現状打破に必死になり攻めてくるが鈴鹿の運動量が落ちだしてからは攻勢になりハイプレスから奪って一気のミドルで1点差に詰め寄る。



正直このゴールの前の飛騨のプレーはファウルじゃねぇか?とは思ったが笛吹かない以上はインプレー。鈴鹿が一瞬緩んだ所に間髪入れずにシュートを選択した大野の思いきりの良さが功を奏して伊勢志摩は1点差に迫るが反撃はここまで。鈴鹿は75分過ぎからガス欠兆候が出ていたがどうにか逃げ切ってリーグ唯一の3連勝。締まらないラストではあったけど眼下の敵を退けました。

鈴鹿は振り返るとややオーバーペースだったのかなと…70分辺りで怪しくなって75分でガス欠兆候が出たのは今度に向けての課題になるでしょう。伊勢志摩は…正直前半は何したいのか全くわかんなかったです。鈴鹿に何もさせてもらえなかったってのもあるけどそれにしたって…です。ちょっと色々手入れが必要ではないかと思いました。そして今日も先輩に勝てず。最初に書いたけどこの先輩の壁を越えずしてその先はあり得ない。まずは鈴鹿に勝つ事がこの先の目標であり課題になるんでしょう。

とりあえず今日は岡崎vs今治。夜にDAZNで岐阜vs長崎の予定です。



昨日の不明分

昨日の時点で不明だった長良0-7矢崎の矢崎得点者判明。従ってこうなります。

長良クラブ0-7矢崎バレンテ

矢崎 石垣 福田×2 原口 鈴木 畑 紅林


とりあえず東海公式!公式記録上げたなら上げたってTOPに出してくれ!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR