緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

中身と結果のアンバランス

東海社会人1部リーグ 第10節

東海学園FC1-1FC岐阜SECOND

得点者
東海学園 稲留
セカンド 古市(PK)

2週続けての東海学園。2週続けての残留サバイバル。そして今日の対戦相手はもう本当にシャレにならん状況のセカンド。
僕の想定の残留カットラインは「12~13」だけどセカンドはそのためには最低3勝。そしてそれが現状現実的に望めそうな数少ない1つの東海学園に勝ち点を奪われたら終戦になりかねない。特に負けは即死に近いと思っていい。僕は今年まだセカンドを十分見てるとは言えないがここまでの戦績だけで判断するなら厳しいと言う言葉しか無い。トップ同様の謎の残留力発揮となるのだろうか…






序盤は東海学園がフィジカルでもパスワークでも勝ってセカンドを攻めるが復帰した木田を中心にセカンドはシュートを許さず粘り強く凌ぐ。次第にペースを掴みだして縦の2トップ関係になってる石川と高橋の関係がとても良く、この2人の上下でギャップを作って東海学園の守備に綻びを作るとそこに2列目も上手く絡むようになり次第に試合はセカンドペースに。そして前半修了間際にセカンドが押し込んでゴール前の混戦になったところで倒れた東海学園の選手が手に当ててしまいハンドでPK。これを古市が真ん中に豪快に決めてセカンド先制で前半終了。ただ盤石感はゼロだし後半東海学園を塩漬けに出来る可能性は皆無に近い。つまり1-0で終わらせれる事は難しいから先に2点目を取れないと…って試合。

後半最初も東海学園が押し込むがセカンドが粘り強く守るって前半と同じ構図。セカンドはカウンターで2点目を狙うがフィニッシュに雑な部分が出てなかなか取れない。中盤での鍔迫り合いが続くがそれは同時にフィジカルコンタクトが増える。つまりファウルや危険な接触も増える。そうこうなると試合は荒れる。それでペースを崩したのはセカンド。だんだん審判とも戦い出す選手が現れだしてチーム間の声の掛け合いも険悪寸前の物に。そして集中が切れかけた時間帯に裏を取られて一度は足立が弾いたけど後詰めの稲留を誰1人捕まえれずドフリーで流し込まれて同点に。セカンドも長いボールでどうにか勝ち越しを狙うが間延びした3ラインの隙間を東海学園に使われ一進一退。結局セカンドは勝ち越せないまま時間切れ。結果はドローに終わりました。

セカンドは中身は決して悪いと断じきれるレベルではなかった。けどこの状況で必要だったのはそれ以上に勝ち点3って結果であったはず。そうゆう意味では僕は負け同然だと思ってる。東海学園はその逆。先週より中身は悪かったけど残留の為に眼下の敵に負けないってミッションだけは果たした。けどそれだけ…だったかなぁ…今日は。

正直言ってセカンドの残留は去年のトップ以上の厳しいミッションと言わざるを得ない。客観的に見たらほぼギブだ。それでも折れたら負けだ。本当に終わりだ。後半戦残り5試合。最低3勝がノルマになるが何とか頑張って欲しい。僕からはこれだけしか言えない。

東海リーグニュース2017 Vol13

勝ち続ける事、負けないことの難しさよ。波乱の起きた週でした。では結果を。

【1部】

FC伊勢志摩3-0FC岐阜SECOND

伊勢志摩 飛騨 OG 大野 

鈴鹿アンリミテッドFC2-3ChukyoUnivFC

鈴鹿 藤井 堀河
CUFC 平山×2 小松

FC刈谷4-3トヨタ蹴球団

刈谷 中野×2 真野 神田
蹴球団 成田×3

東海学園FC3-0常葉大浜松FC

東海学園 金田 平賀 沓名


試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
鈴鹿アンリミテッド 8 6 1 1 19 6 19 13
FC刈谷 7 5 2 0 20 8 17 12
FC伊勢志摩 9 5 1 3 18 12 16 6
ChukyoUnivFC 7 5 0 2 15 10 15 5
東海学園FC 7 3 0 4 15 12 9 3
トヨタ蹴球団 9 1 3 5 14 19 6 -5
常葉大浜松FC 9 1 2 6 8 27 5 -19
FC岐阜SECOND 7 0 3 5 4 19 3 -15


得点ランク
中野 刈谷 7
柿本 鈴鹿 6
平山 CUFC 6
堀河 鈴鹿 4
真野 刈谷 4
飯嶋 伊勢志摩 4
成田 蹴球団 4

【2部】

藤枝市役所3-1中京大FC

市役所 森川 高橋祐×2
中京大 水嶋

矢崎バレンテ1-0長良クラブ

矢崎 石垣

試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
矢崎バレンテ 9 7 2 0 29 3 23 26
藤枝市役所 8 7 1 0 24 7 22 17
名古屋クラブ 8 5 1 3 22 23 16 -1
中京大FC 10 3 2 5 28 23 11 5
長良クラブ 9 3 0 6 10 29 9 -19
豊田自動織機 7 2 0 5 13 19 6 -6
春日井クラブ 8 2 0 6 13 31 6 -18
TSV1973四日市 8 1 2 5 14 18 5 -4


得点ランク
高橋祐 市役所 9
畑 矢崎 9
野口 織機 8
征矢 名古屋ク 8
佐藤 中京大 7

やっぱり鈴鹿の負けは見逃せないなぁ…しかも2-0から捲られたってのは心証が悪い。見てないので言及はしないし出来ないけど、「褌締め直して」出直しですね。これで「積んだ勝ち点」ではなく、「失った勝ち点」で考えると鈴鹿は首位陥落。
説明すると…
鈴鹿は1敗1分。これで勝ち点を5失ってます。
刈谷は2分0敗。失った勝ち点は4です。
しかも消化数は刈谷のが少ない。鈴鹿のこの1敗はただの1敗と考えたら大怪我します。ちなみに3位伊勢志摩はすでに10失ってる。4位CUFCはまだ6。優勝の可能性を残してるのは僕は鈴鹿、刈谷、CUFCの3つに絞られたかな…と思ってます。2部は…もう裏表の勝負だけじゃないですか?

はい、今週の話。1部が土曜2試合日曜2試合。2部が土曜2試合。日曜1試合です。開催日変更、開始時間変更のあるカードがあるのでご注意ください。カードはこうだ!

【1部】

7月29日(

FC伊勢志摩vs鈴鹿アンリミテッドFC
@松阪市運動公園 13時KO


ChukyoUnivFCvsトヨタ蹴球団
@中京大 11時KO


7月30日(

東海学園FCvsFC岐阜SECOND
@東海学園三好 11時30分KO


常葉大浜松FCvsFC刈谷
@有玉 12時KO


【2部】

7月29日(

名古屋SCvs藤枝市役所
@中京大 14時KO


豊田自動織機vsTSV1973四日市
@ウェーブスタジアム刈谷 15時KO


7月30日(

春日井クラブvs矢崎バレンテ
@口論議運動公園 14時KO



えーと…日曜→土曜に変更になったのがCUFCvs蹴球団。名古屋クvs市役所の中京大2試合。14時30分KO→14時KOに変更になったのが口論議の春日井vs矢崎。※さらに織機vs四日市のKO時間も変更。東海公式HPに告知はされてるけど肝心の日程のところが変わってない!変えとけ!!

土曜が車の点検入っちゃったんだよなぁ…松阪に間に合うかどうか極めて微妙なんで土曜は行くとしたらウェブスタ。日曜は東海学園しか選択肢ないなぁ…ちょっとヤボ用で口論議にも顔出さないといけないけど。口論議はヤボ用済んだらさっさと撤収するつもりです。長良川?町音葉ちゃん見たいけど多分無い。こんな感じです。

それでは皆様。各地でサッカーと共にある週末を。それでは。

わずかな差。大きな点差。

東海社会人1部リーグ 第9節

東海学園FC3-0常葉大浜松FC


得点者
東海学園 金田 平賀 沓名

昨日の長良川で酷いもん見せられてダメージが結構なもんあったから正直今日朝起きてから行くのどうしようか真剣に悩んだ。
けどなぁ…行く言ったしこの試合の実況人なんか全く期待できんししょうがねぇ…行くか。と東海学園へ。30分前に着いたんだけど僕が観客3人目。どうしよう…観客一桁とか笑えねぇぞ…とは思ったが選手の親御さんや友人、サッカー部仲間等々で最終的には30人前後に。その中にはひょっとしたら来るかも…と思ってた魔王の姿もあった。

現在1部は4強4弱の構図がハッキリしていてこの一戦は所謂Bクラス対決。勝てば残留を大きく引き寄せ負ければ残留は結構ピンチになる。前日に同じBクラスの蹴球団、セカンドが揃って負け。ここでの勝ち点3は実質6レベルある。Aクラス入りは現実的ではないが残留は現実的な目標である両チーム。さぁどうなるか…




高柳

試合は最初東海学園のペースで進む。東海学園はエースの上田がおそらくは1軍昇格なんだろうけど今週半ばに登録を抹消。
沓名と吉川の2トップに中盤が絡んで攻めていくが常葉もコーナーは与えても決定的なのは撃たせない。逆に東海学園が攻め疲れ気味になったら常葉のペースになってスルーパスから佐藤が抜け出して大澤と1対1になるがシュートがポストに嫌われプッシュしようと飛び込んできたがこれもダメ。それから間を置かずに得たコーナーでもまたポスト。常葉は2点フイにしてしまいまた流れが東海学園に。そして何度も得てきたコーナーからこぼれたボールをトリッキーな体制からヒールで押し込んで東海学園先制。前半はこれで折り返し。

前半1-0だったけどこのまま終わる感は感じなかった。まだまだ常葉の戦闘意欲は十分あるし東海学園がそこまで盤石で逃げを打てるとも思えない。東海学園としては前掛かり気味になるだろう常葉の裏を突きたい。常葉は早めに追いついて流れを掴んで逆転したい。こんなところかな…と思いながら後半KO。やはり常葉が前線4人を中心に攻めてくるが仕上げの雑さが目に付いて決定機には至らず。逆に我慢してた東海学園がまたもコーナーから押し込んで追加点。これで2-0。ちょっと常葉はこれで手詰まりになった感が出てきて時間は過ぎる。このまま2-0で終わりかと思ったが東海学園は最後まで攻撃の手を緩めずATにクロスからズドンとヘッドで叩き込んで勝負あり。同時に試合終了で3-0。東海学園の完勝って結果に終わりました。

とは言った物の。

個人的には3-0になる程の差は無いと感じました。逆の結果でもおかしくはなかったと思います。
試合を分けたのはセットプレーだったんだけど常葉が前半のビッグチャンスのどっちかでも決めていれば…ってifの結果を想像してしまうくらいには差は無く感じたのです。逆に言えば東海学園のチャンスに対する集中力は立派でもあったんですが。これで東海学園は3勝目。残留サバイバル戦を制して残留を大きく引き寄せました。常葉はこの試合落としたのは結構痛い。蹴球団とは既に2戦消化済み。東海学園ともこれで2戦消化。残留の為にはAクラスからの勝ち点奪取が必要になってしまった。それも1つは勝ち点3が必要になってくる可能性が高い。この結果が致命傷にならないといいけど…

とりあえず今週は1部で大きな動きがありました。詳しくは明日。それでは。

東海リーグニュース2017 Vol12

真夏の中京7耐も終わりリーグも後半戦に。まずは結果から。

【1部】

FC伊勢志摩5-1常葉大浜松FC

伊勢志摩 村上×2 大野 溝田 大阪
常葉 山内

トヨタ蹴球団0-3鈴鹿アンリミテッドFC

鈴鹿 エフライン 柿本 冨士



試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
鈴鹿アンリミテッド 7 6 1 0 17 3 19 14
FC刈谷 6 4 2 0 16 5 14 11
FC伊勢志摩 8 4 1 3 15 12 13 3
ChukyoUnivFC 6 4 0 2 12 8 12 4
東海学園FC 6 2 0 4 12 12 6 0
トヨタ蹴球団 8 1 3 4 11 15 6 -4
常葉大浜松FC 8 1 2 5 8 24 5 -16
FC岐阜SECOND 7 0 3 4 4 16 3 -12


【2部】

名古屋SC2-3春日井クラブ

名古屋ク 秋田 征矢
春日井 廣瀬×2 濱野

中京大FC0-3矢崎バレンテ

矢崎 畑×2 福田

長良クラブ2-0豊田自動織機

長良クラブ 蓮池 池田

TSV1973四日市2-3藤枝市役所

四日市 花井 久保山
市役所 村松 森川×2



試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
矢崎バレンテ 8 6 2 0 28 3 20 25
藤枝市役所 7 6 1 0 21 6 19 15
名古屋クラブ 8 5 1 3 22 23 16 -1
中京大FC 9 3 2 4 27 20 11 7
長良クラブ 7 2 0 5 10 28 6 -18
豊田自動織機 7 2 0 5 13 19 6 -6
春日井クラブ 8 2 0 6 13 31 6 -18
TSV1973四日市 8 1 2 5 14 18 5 -4


得点ランク
柿本 鈴鹿 6
中野 刈谷 5
飯嶋 伊勢志摩 4
平山 CUFC 4
堀河 鈴鹿 3
真野 刈谷 3
佐々木 刈谷 3
辻 CUFC 3
坂井 常葉 3
上田 東海学園 3
奥村 蹴球団 3

2部
畑 矢崎 9
野口 織機 8
征矢 名古屋ク 8
高橋祐 市役所 7
佐藤 中京大 7

はい、今週は1部が土曜に3試合、日曜に1試合。2部が日曜に2試合です。カードはこうだ!

【1部】

7月22日(

FC伊勢志摩vsFC岐阜SECOND
@松阪市総合運動公園 13時KO

鈴鹿アンリミテッドFCvsChukyoUnivFC
@AGF鈴鹿 15時KO

FC刈谷vsトヨタ蹴球団
@ウェーブスタジアム刈谷 16時KO

7月23日(

東海学園FCvs常葉大浜松FC
@東海学園三好 11時30分KO


【2部】

7月23日(日)

藤枝市役所vs中京大FC
@藤枝市民 12時KO

矢崎バレンテvs長良クラブ
@藤枝市民 14時30分KO


土曜は仕事もあるし終わり次第長良川なので日曜の東海学園しか選択肢ないですねぇ…
あと、鈴鹿が土曜の試合で随分とけったいな祭りするみたいです…なんでもふんどしがどうのこうのって…あんまり見たくねぇなぁ…まぁいいや。とりあえず今週末は東海学園です。皆様サッカーと共にある週末を。それでは。

勝負処とそのタイミング

東海社会人1部リーグ 第8節

トヨタ蹴球団0-3鈴鹿アンリミテッドFC


得点者
鈴鹿 エフライン 柿本 冨士

真夏の中京7耐。準備無しで行ったら冗談抜きで生命に関わりかねない。そのくらい厳しい暑さと日差しではあったけど先に行っておくと今日の7耐完走者、把握してるだけで2人も居た。内1人はこの東海のラスボスこと「魔王」だったんだが姿見てビックリ。焼けてる通り越して「焦げてる」としか言えない肌色。聞けばその前の週だかに九州リーグの鹿児島セントラル行ってるって…そして今日の7耐完走すればそりゃ焦げてもおかしくない。よい子は絶対真似せんように。

話が逸れたけどこのカード、開幕戦以来になるが開幕戦は鈴鹿が辛勝。蹴球団は試合が少し開いてるがその前の公式戦、常葉戦で今期初勝利。士気は低くないはず。しかし蹴球団の飛車角がベンチに座ってる…?これは何を意味するんだろうか…

山下
20170716214950780.jpg


曳地

20170716214959747.jpg

試合は鈴鹿が支配して蹴球団がカウンターって予想の付く入りではあったけど鈴鹿のCBコンビの藤井とキローランがアタックとカバーの関係がしっかり出来ていて蹴球団の攻撃を活性化させない。中盤を厚くして鈴鹿のボランチに圧をかけようとした蹴球団は奪ってサイドからを狙うがそこは両サイドのベテランSBがおいそれとは上げさせない。時間が立つにつれ試合はより鈴鹿ペースになったが鈴鹿のシュートは蹴球団GK山下の好守に阻まれ前半はスコアレス。

HTでの感想は「余程の事がおきん限り鈴鹿押し切り。ただし1点差かあっても2点差。」鈴鹿は早く先制したい。蹴球団は我慢して0-0を少しでも長くして鈴木、奥村投入で勝負だろうとは読んだ。しかし鈴鹿は後半開始早々に岐阜サポにも懐かしいこの人のサイドチェンジからチャンスを…



絶妙のサイドチェンジでしたね…その前に冨士に落としたのが決めたエフラインってのもきっちりチーム全体で意図を持って走れた結果のゴールだと思ってます。蹴球団はこれがプランが崩れたはずだがまだベンチに動きは無い。慌てる時間でもないしな…とは思ったがそれから10分も立たずにCKから柿本に決められ後半開始15分も持たずに2点のビハインド。



蹴球団は慌てて鈴木に奥村を投入してきたが遅きに失した感ありあり。せめて0-1ならメはあったろうけど0-2で投入されても試合の大勢に変化付けれるか?だとやはりNO。後から鈴木に話聞いたら後半頭って選択肢も無くは無かったけど…的な言葉も。これで蹴球団が少しでも長くボール持てるってなるとやっぱりNO。。結局後半さらに一点を追加した鈴鹿が蹴球団を退け後期スタートをいい形で終えれました。




蹴球団は予想したた通り0-0で少しでも長く我慢して乾坤一擲に賭ける戦い方だった。それ自体は悪くないし、0-0で鈴木、奥村で勝負は勝つためなら仕方ない。引き分け狙いで引きこもりって選択もあったろうけどそれが成功するよりは一発に賭けたってとこだったんでしょうけど…先述した鈴木、奥村を後半頭からってのは前半の流れからするとリスキーではあった。けど0-1の時点で投入でもよかったと思う。0-2で投入では繰り返すがいかにも後手だ。

地力+練習量の差が後半如実に出た試合ってのが偽り無きこの試合での結論です。蹴球団が勝ち点取るにはどう考えても先制点だったんですがそれを鈴鹿に取られた時点でこの試合の勝敗の決着は付いていたと思います。

鈴鹿は前半で取れていればもっと楽出来たんでしょうけどほぼ完璧だったと言っていいでしょう。まだリーグ優勝には道が長いけどその先も見えてきた感はあります。怪我。カード。コンディション。特に怖いのは怪我。替わりが効く選手と効かない選手がハッキリ分かりました。その効かない選手は特に注意して欲しい所です。

とりあえず後半戦も始まりましたが7月残り2週、灼熱地獄は続きます。冒頭に書いたような無茶は絶対に止めましょう。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR