緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

久しぶりに…

明治安田生命J2リーグ 第18節

愛媛FC2-0FC岐阜


得点者
愛媛 丹羽 有田

2人停止。しかも1人はシシ-ニョとはいえ今日の後半はあまりに中身が無い。負けるべくして負けた試合だし久しぶりに「クソ」な内容だったと言っていいと思う。とは言えこんな試合も42試合の内1つ2つは出てくるだろうしそれが今日だったって事なんでしょう。

とりあえず懸念してた選手層の薄さとそれに伴う主力の金属疲労って課題が浮き彫りになりつつありますね。そして「岐阜殺し」=ブロック破りの克服は未だ出来てないって点も。次もアウェイ戦で選手の消耗が心配だけどここでズルズル連敗するようであればまたいつものとこに帰るだけ。それを変える為の今年の変革なんだから克服するために向上する他無い。ただ日曜の夜にこれ見せられるとやっぱりツラいなぁ…現地組の皆様、ショックは僕の比ではないでしょうけどお気を付けて帰ってきてください。

東海リーグニュース2017 Vol6

中休みっぽい週でしたが1部も2部も恙なく試合は終わりました。では結果から。

【1部】

ChukyoUnivFC0-2FC伊勢志摩

伊勢志摩 飯嶋×2


試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
鈴鹿アンリミテッド 4 4 0 0 7 2 12 5
FC伊勢志摩 5 3 1 1 8 2 10 6
FC刈谷 3 2 1 0 9 2 7 7
ChukyoUnivFC 4 2 0 2 6 6 6 0
常葉大浜松FC 4 1 1 2 2 9 4 -7
東海学園FC 4 1 0 3 6 8 3 -2
FC岐阜SECOND 4 0 2 2 2 7 2 -5
トヨタ蹴球団 4 0 1 3 3 7 1 -4


【2部】

中京大FC4-4TSV1973四日市

中京大 千石 近藤 佐藤 竹村
四日市 金平 森島 高野 菅原

長良クラブ1-5春日井クラブ

長良 曽根
春日井 平山 深澤 福井 阿南×2

名古屋クラブ0-6矢崎バレンテ

矢崎 松村 坂田 福田 畑×2 石垣

試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
矢崎バレンテ 4 3 1 0 19 1 10 18
藤枝市役所 3 3 0 0 9 3 9 6
中京大FC 5 2 2 1 20 8 8 12
名古屋クラブ 5 2 1 2 9 16 7 -7
豊田自動織機 4 2 0 2 12 10 4 2
春日井クラブ 5 1 0 4 9 23 3 -14
長良クラブ 4 1 0 3 5 19 3 -14
TSV1973四日市 4 0 2 2 7 10 2 -3


今週は1部2部共に4試合。土日併催になります。カードはこうだ!

【1部】

6月10日(

FC岐阜SECONDvs鈴鹿アンリミテッドFC
@岐阜フットボールセンター 12時KO


6月11日(

東海学園FCvsChukyoUnivFC
@東海学園三好 11時30分KO

常葉大浜松FCvsトヨタ蹴球団
@有玉 12時KO

FC伊勢志摩vsFC刈谷
@伊勢フットボールヴィレッジ 15時KO


【2部】

6月10日(

春日井クラブvs藤枝市役所
@織機大府 12時KO

豊田自動織機vs矢崎バレンテ
@織機大府 14時30分KO


6月11日(

名古屋クラブvs中京大FC
@中京大 11時KO

TSV1973四日市vs長良クラブ
@三交鈴鹿第3 15時KO



土曜が仕事なんで日曜だけになるんですが…うーん…東海学園しか現実的な選択肢はないけど正直今の心身のコンディションだとお休み選択もあり得ます。現にCUFCvs伊勢志摩も結局パスしちゃいましたし…

現在心身共にコンディションは最悪に近いです。特に心。壊れる前にケアしないとこっち壊れたら長期リタイア確実なので敢えてこの表現使うけど自分に甘くいようと思ってます。回復してれば東海学園。してなきゃパスです。それでは皆様。サッカーと共にある週末を。

東海リーグニュース2017 Vol5

魔日程が発動されてここからは全日程終了まで全て「暫定」順位になる東海リーグ。なんか今週もガッツリ魔日程のようだけど…
その前にまずは先週の結果を。

【1部】

FC伊勢志摩2-0トヨタ蹴球団

伊勢志摩 石場 飯嶋

東海学園FC1-2鈴鹿アンリミテッドFC


東海学園 吉川
鈴鹿 柿本×2

常葉大浜松FC0-0FC岐阜SECOND


※セカンド 山本がイエロー2枚で退場。鈴鹿戦停止。



試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
鈴鹿アンリミテッド 4 4 0 0 7 2 12 5
FC刈谷 3 2 1 0 9 2 7 7
FC伊勢志摩 4 2 1 1 6 2 7 4
ChukyoUnivFC 3 2 0 1 6 4 5 2
常葉大浜松FC 4 1 1 2 2 9 4 -7
東海学園FC 4 1 0 3 6 8 3 -2
FC岐阜SECOND 4 0 2 2 2 7 2 -5
トヨタ蹴球団 4 0 1 3 3 7 1 -4


【2部】

名古屋SC4-2豊田自動織機

名古屋ク 征矢×4
織機 野口×2


春日井クラブ0-9中京大FC

中京大 堀内 斉藤 千石 杉山 平野 高津×3 佐藤


試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
藤枝市役所 3 3 0 0 9 3 9 6
中京大FC 4 2 1 1 16 4 7 12
矢崎バレンテ 3 2 1 0 13 1 6 12
名古屋クラブ 4 2 1 1 9 10 7 -1
豊田自動織機 4 2 0 2 12 10 4 2
長良クラブ 3 1 0 2 4 14 3 -10
TSV1973四日市 3 0 1 2 3 6 1 -3
春日井クラブ 4 0 0 4 4 22 0 -18


少しずつ1部も2部もスタートダッシュ成功失敗の色が濃くなってきたけどその中でも際だって春日井の出遅れが気になります。いくらなんでも開幕4試合で22失点は…

はい、今週は1部は1試合のみです。2部は3試合組まれています。試合は全て日曜日になります。カードはこうだ!

【1部】

6月4日(

ChukyoUnivFCvsFC伊勢志摩
@中京大 14時KO


【2部】

6月4日(

中京大FCvsTSV1973四日市
@中京大 11時KO

長良クラブvs春日井クラブ
@岐阜フットボールセンター 11時30分KO


名古屋SCvs矢崎バレンテ
@織機大府 14時KO


土曜は長良川です。日曜は中京大ですが2部の試合行くかどうかはまだ決めかねてます。気持ち的には7-3で1部の試合だけにするつもりでいますが…それでは皆様。サッカーと共にある週末を。それでは。

結果と中身が伴わずとも

東海社会人1部リーグ 第4節

東海学園FC1-2鈴鹿アンリミテッドFC


得点者
東海学園 吉川
鈴鹿 柿本×2

5年ぶりに訪れた東海学園大。あの時はマルヤスvs沼津での来訪だったが今回はその東海学園大FCでのホームゲーム。
あの駐車場からの坂、あんなキツかったっけ…?これも年を取ったって事なんだろうか…

先週セカンドを倒して1部初勝利の東海学園。刈谷戦ではリトリートからのカウンターで先制に成功も無念の逆転負け。僕の予想は東海学園はホームでも籠城戦を選択で乾坤一擲の一撃に賭ける…だったんだけど…





予想は外れた。東海学園は真っ向勝負の野戦を選択して鈴鹿との力勝負を挑んできた。同じ4-4-2の2ボランチで戦う両軍。鈴鹿の方がSBを高く上げていたので東海学園はそのスペースを突いてサイドから仕掛けるも中央の藤井と高野がシュートを許さない。一方の鈴鹿もラインを高く保つ東海学園の裏のスペースを突いて決定機を作ったがシュートはMYFC特指の大澤がしっかりストップ。膠着しかけたが鈴鹿は前半の内にサイドアタックが実り先制に成功。前半を0-1で折り返す。

後半風上に立った鈴鹿は追加点を狙って攻勢に出る。それが実って左からのクロスを柿本が押し込んでこの日2点目。勝敗はほぼこれで決したが東海学園は諦めず仕掛けてそれが鈴鹿のミスを呼んで交代出場の吉川がDFを振り切り独走で決めて1点差に。しかし時既に遅しで鈴鹿逃げ切り。開幕4連勝となりました。

鈴鹿は伊勢志摩戦同様に終盤でミスから失点。これはかなり心証が悪い。それならまだ崩されて失点の方がマシだ。岐阜の時にも同じ事を書いたけど勝ってるからよいで済ませていい話では無い。ミスをするのはある程度仕方ない。しかしミスを想定してそれを防ぐことは完璧では無いにせよ出来ない話では無い。そこの部分の甘さを治せないと肝心なとこで痛い目に遭うぞ。東海学園は討って出てくるのは想定してなかった。恐らくだけど安原さんが「やれるだけやってみろ」的に送り出したんじゃないのかなぁと。刈谷戦、この鈴鹿戦を見た限りでは東海学園の残留ってのは不可能なミッションでは無いと感じた。久しぶりの東海1部の新勢力。思う存分戦って欲しい。

とりあえず鈴鹿は要反省。先にも書いたがこのままではいつか痛い目を見るハメになる。そうなることは誰も望んではいないはずなんだけど…

まだ剥けきれない…

明治安田生命J2リーグ 第16節

京都サンガFC1-1FC岐阜


得点者
京都 伊東
岐阜 永島



名手菅野が珍しくキャッチ仕切れず回ってきたチャンスは仕留めたがその後の古橋とのタイマンはさすがに菅野。リプレイ見たらコース消されてた。

古橋を責める気はないが、サッカーにおける定石の一つとして決定機逸は試合の潮目を変えるってのがある。あの決定機逸の直後の失点だったから殊更古橋は責任感じてるんじゃないかなあ…

今日も7割近いポゼッションを敷きながら被シュート数が岐阜のシュート数の3倍近く。無闇やたらに撃てばいいもんでもないが再三言ってるようにポゼッションはあくまでも「手段」でしかないのでその手段をシュート、得点って言う「目的」に昇華するまでの煮詰めはまだまだしていく必要があるんでしょうね。

野澤右SBはサッカー人生初だったらしいけどそこまで違和感はありませんでした。この起用の目的はズバリ右にも福村を置きたいって1点だったと思います。守備時は普通にSBの位置。攻撃時はサイドを追い越すではなくボランチ的な位置取りで厚みを作る。サイドアタックはウイングとインサイドで賄える。そうゆう意図なんでしょう。ただこの起用だと大本の最大の武器はスポイルされる気はするのですが…これも1つの戦い方のオプションとして考えればありなんでしょう。元々大本を前で使いたいんだろうなって意思は見えてましたし。戦い方が増えるのは素直にいいことです。

けどね。本当に強いチーム、勝てるチームってのはウノゼロをきちんと遂行出来るチームだと思います。もちろん2点、3点取れればそれに超した事はないけど失点を無くす、減らすは絶対必要な条件になる。京都の前の圧力は確かに強かったけどそれを堪えてこそ…なんです。まだまだ本当に一枚剥けたとは言えないですね…

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR